東南アジアで働く人のブログから生活を知る

東南アジアで仕事を見つけて就職し生活を送ろうと考えた時は事前に情報を探すことが非常に重要となってきます。色々とブログがありますが、やはり駐在の奥様が暇つぶしに書かれているブログを見つけることが出来ます。しかし、その駐在員の奥様のブログは、生活という情報からいうと、少しかけ離れているのが実情です。

理由としては『働いていない』というのが一番の理由です。

そこで東南アジアの国ごとにオススメのブログを紹介させて頂きますのでご参考になさってください。

タイ(タイランド)

タイ現地採用とみー 起死回生ブログ

30歳独身男が一年発起してタイ現地採用をスタート。 元々はお金もスキルもありませんが人生挽回する為にあがいてます。

タイ現地採用とみー 起死回生ブログ

パナリーさんの歩き方

タイ移住した「パナリーさん」です。当ブログと僕のプロフィールページをご覧になって頂き、ありがとうございます。
大学生の頃からバックパッカーとしてアジアや東南アジアを周っていましたが、特に何十回も訪れていたタイに魅了され、2017年末からこの国で現地採用として働き始めました。
また、その傍らタイ人の奥さんと一緒に、タイの孤児院で月1回のボランティア活動なども行っています。

パナリーさんのプロフィール – パナリーさんの歩き方

マサベイビーのタイ現地採用日記

現地採用の日本人社員が求められる働き方とは、駐在員の方と現地スタッフとの潤滑油になることです。後任者は若いとは聞いていますが、日本では役職がある人もそうでない人もタイにくると必ず役職がもらえた上にそこそこハイクラスの役職がもらえます。日本で課長止まりなのに東南アジアでは現地社長とか珍しい話ではありません。

現地採用としての働き方 – マサベイビーのタイ現地採用日記

ベトナム

暮らすアジア

東南アジアの”今”を知る人材会社社員が伝える知ればちょっとアジアがちかくなる情報ブログ

暮らすアジア

サイゴンワーク

ホーチミンで現地採用として働く人のブログ

サイゴンワーク – ホーチミンで現地採用として働く人のブログ

ベトナム現地採用ブログ

関東の中心から外れた某国立大学の工学部建築学科を卒業後、ニューヨークへ1年間の留学とシカゴのデザイン会社でのインターンシップを経て東京の建築会社に勤務する。4年目にスウェーデンに渡り、1年半でケツを割り再び日本へ戻る。横浜の内装会社に転職し、お金が溜まったのでロンドンで留学する。専門学校在学中に友人からベトナムの誘いを頂くも断り、ロンドンで3年間働く。ロンドン時代に携わったシンガポールのプロジェクトが忘れられず、2度目の友人の誘いを快諾し日本に帰らず2016年ベトナムにきました。

中の人 – ベトナム現地採用ブログ

ベトナムでお仕事

私は、オーストラリアでのワーホリ1年、日本で10年働いた後にタイで半年居てからベトナムにやって来ました。海外生活への憧れはありましたが、海外就職に対する憧れはほとんどありませんでした。

自己紹介 – ベトナムでお仕事

カンボジア現地採用としてはたらく新入社員の奮闘記

僕は前の会社を辞めてから1年間世界を放浪していました。本当に何の目的もなく気ままな一人旅です。中国から南下して東南アジアをぐるりと周遊。空路でヨーロッパへ移動し電車でヨーロッパ中を回ってからアフリカ大陸へ。そして南米ではマチュピチュを見てから北米へ行こうかと思ったものの、時期が冬へと差し掛かるところだったので断念。

カンボジアで働き始めた理由 – カンボジア現地採用としてはたらく新入社員の奮闘記

インドネシア

チンタオ BLOG

大学卒業→日本で就職(3年)→カンボジア(2年)→インドネシア(今ここ)
現在はインドネシアの旅行会社で働いていて、バリとジャカルタを行ったり来たりしています。5日間働いて、2日間休むスタイルでは無く、30日間働いて12日休むなど旅行に行きやすい生活スタイルを目指しています。

自己紹介 – チンタオ BLOG

インドネシア現地採用ブログ

トータル5年目のインドネシア生活。三十路サラリーマンとしてインドネシア生活、海外就職、キャリアに関して書いていきます。

インドネシア現地採用ブログ

よっぴースペース

こんにちは、よっぴーです。交換留学→新卒で日本で就職→再び留学→現地採用、という流れで一年ぶりの会社員生活を送っています。
いわゆる現地採用で転職活動をし、お仕事を始められたわけですが、今回は自分がどんな風に転職活動をしていたかを記録しておきます。人材紹介会社から見つけるしか無いんだろうなあと思っていましたが、結果的には求人を出していなかった日系企業に就職しています。

インドネシア・ジョグジャカルタでの現地採用の就職にこぎつくまでの話 – よっぴースペース

マタログマガジン

現地採用とは、海外の支社にある企業(主に日系企業)で採用されることを指します。現地法人で採用されたため、「現地採用」や略して「ゲンサイ」もしくは「ローカル」と呼びます。

インドネシアで現地採用として就職する! – マタログマガジン

フィリピン

フィリピン現地採用がマレーシアでサバイブするブログ

海外就職7年目。フィリピン、マレーシア、インドネシア界隈でSenior Project Manager兼People & Culture Managerとして働いています。フィリピン人メイド雇用について調べまくってたら詳しくなりました。

フィリピン現地採用がマレーシアでサバイブするブログ

おきピン!

こんにちは!
フィリピンで3年間現地採用として働いていました、おきピン!(@okipin_)です。
海外で働くってってどんな感じ?
フィリピンで働こうと決意した時、具体的にどういう生活スケジュールなのか
今日はフィリピンで現地採用として働く私の1日のスケジュールをご紹介します!

フィリピンで現地採用として働く私の平日の1日!海外就職って日本の生活スタイルとどう違うの? – おきピン!

マレーシア

マレーシアに住もう♪

経歴や言語力(英語力)、現地の対人関係スキルを含む経験、等々、公平に私が見て、ああ、この人仕事人として駐在員に負ける要素一個もないよなーって思うような現地採用の方がいたりします。
そして一番大事なポイントは、自分の実力&結果に対して、自分はこれぐらいできると提示でき、且つ、会社に「もうこれぐらい払うからお願いだからうちに来て!」と思わせられるかになります。

実はいる!マレーシアに移住した年収1,000万級の現地採用! – マレーシアに住もう♪

マレーシア現地採用のブログ

マレーシアに移り住み、仕事を始めて丸3年。 遅まきながら「海外就職を考えてる人」、「マレーシア及び東南アジア旅行に行きたい人」への有用な情報を発信していきます。 記事ご希望があればコメントをお願いします。

マレーシア現地採用のブログ

シンガポール

シンガポール現地採用で年収1000万

底辺と思われがちなシンガポール現地採用に希望を見出すべく、個人的な就職体験を綴っていきます

シンガポール現地採用で年収1000万