東南アジアで駐在員になる理由トップ5

標準

旅行や食べ物のブロガーで、東南アジアの長期滞在者であるAkshata Mehta
さんは、東南アジア駐在員の経験と、海外生活で得た多くの利点を分かち合います。

人生全てを移転させるのは、とても怖いです。信じて、すべてのものを詰め込み、休暇よりも長く、全く未知の場所に移動するのは簡単ではありません!私はたくさん移動したので、是非言わせて下さい。 簡単ではないのです。でも私は異文化に触れ、場所から場所へ移動することをあきらめません!外国人、旅行者、放浪者、呼び方は何でも、いつも私に何か新しいことを教えてくれるのです。 ここでは、私が駐在員という立場で得た大事なことをお話します。旅行を通して、あなたと共鳴できれば幸いです。

意志は視点を広げる

海外に住むということは、あなたの快適ゾーンから完全に離れ、色々な課題に直面する事を意味します。しかし、それによって必然的にあなたの視点が広がるのです。新しいコミュニティーに没頭するようになり、異国の習慣や伝統にさらされます。バンコク・バイ・レーンの都市交通に慣れ親しみ、シンガポールで初めて旧暦の新年を祝い、文化のニュアンスを理解していくでしょう。そのうち、あなたの広がった視点は、ごく普通となります。そして未知の世界を受け入れざるを得なくなるので、もっとオープンになり、最終的には新しさのスリルを楽しんでいることでしょう。

新しい生活様式に没頭すれば、素敵な人々との出会いがある

自分自身に没頭しなくても、新しい生活様式を学ぶのは止めることはできません。日常的な習慣から、大きな文化特有の出来事に至るまで、海外生活に伴う「経験に基づく学習」は、最も充実した側面の1つです。特に東南アジアの豊かな文化には多くの面があります。 タイで過ごした時、私は一度も試してみたことのない食べ物にさらされました。全く私の口に合わなかったにもかかわらず、タイ料理は地元の人々と会話をする、きっかけとなったのです。私の親友や “ハングアウトの仲間” は、地元レストランやフードベンダーで知り合った人達です。新しい生活様式に没頭することで、結果的に多くの素敵な人々と出会うことができました。私のアドバイスを、できるだけ試してみることです。なぜなら、突然そこを去る日が来るかもしれないし、逆に、生涯住む事になるかもしれないし、分からないからです。

少ないお金で、より良く生きる

人々が海外に移住する理由の1つには、生活費の安さがあります。特に貯金があればなおさら海外へ行くことができます。iExpatsによると、インド、ネパール、モルドバなどの国は、スイスやオーストラリアなどと比べれば、生活費が安いです。地域によっては、生活費が大幅に削減される可能性もあります。特に東南アジアの国々は予算に優しい国です。あなたの貯蓄に合わせて生活費を計画してください。

あなたはプロのスキルを高める

成長の激しい経済を背景に、東南アジアの国々は、事業を開始または成長させるのに最適な場所です。アジアへの移住がなぜ良いかという記事で、Shannon Ullmanさんは次のように述べています。「アジアで外国人雇用のチャンスがあるなら、コミュニケーション能力を向上させ、問題解決し、あなたが働く分野への理解が不可避となります。西洋との技術格差を考えれば、アジアへ移る事は否定のできない恩恵です。

あなたの中で新しい発見がある

Hadas Aharonさんは、外国人として生活する彼女の人生についての記事で、海外に住んでいることが「自己探求」を助け、洞察力を磨いたと言います。私はそれがスーパークリチッドだと分かっていても、なかなか同意できませんでした!外国人すべてが自己探求するわけではないかもしれませんが、母国から離れて暮らし、さまざまな課題に直面し、それが自分自身をもっと知る助けになることは間違いありません。私は自分の強みと弱点を発見し、そのために以前とは違う満足感を得ていたのでした。たとえば、タイの料理教室に参加した後、私は思ったよりもずっと多くの料理を楽しんでいたことがわかりました。それからというもの、料理は私にとってストレスではなくなりました。最も嬉しかったことの1つは、「受け入れられる」という、今まで経験したことのない方法で満足を得られるということでした。外国人として人々とやりとりをする中で、きっと「あなた」の様々な部分が解かれ、喜びを見つけるはずです!

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事

東南アジアに住む外国人への5つのヒント

標準

11年間というもの、私と夫のマークは、移動するかもしれない全ての場所に行ってみました。そして参るほど色んな事を研究し、フォーラム、フェイスブック、ブログを読みました。マレーシアのペナンに移ることを決めた私たちは、興奮し恐くなるほどでした。何年もの旅と研究、調査の後なので、最初の一年くらいはスムーズに暮らせると思っていました。しかし実際に引っ越し暮らすまで、分からない事は沢山あるのです。

以下は私が個人的な経験から学んだ5つのヒントであり、東南アジアへの移動を少しでも楽にするのに役立ちます。

少なくとも最初の一年は、買わずに賃貸が良い

あなたが住みたい地域でまず賃貸し、住んでみて大丈夫と思えば買うのも良いでしょう。休暇を取っただけの場所で買いに急いではいけません。その近所がどうなのかは、まだ知らないでしょう。

私達は一年目に完璧と思えたコンドミニアムを見つけましたが、数歩歩いたところに犬の避難所があり、悲惨なものでした。昼も夜も、何十匹もの犬が絶え間なく吠えるのです。ありがたいことに私たちは賃貸していたので、楽に移動することができました。

そこを見るまで賃貸しない方が良い

賃貸をオンラインで決める事で、保険料を支払うだけでなく、不動産業者に支払うことになります。写真は、時にはその場所が実際よりも大きく、より良く、美しいビーチに近いと錯覚させます。直接見るまでは、実際どんなのかは分かりません。

最初に到着してから数週間または1ヶ月間くらい、あなたの帽子を掛けることができるエアバッグまたはホテルを探してください。そして、タクシー運転手、地元住民、駐在員、バーテンダーなど、 あなたが借りたい場所や必要条件を、皆に伝えてみるのも良いです。あなたが好きそうなエリアをドライブしたり、レンタルサインの番号に問い合わせたり、地元の新聞やオンラインをチェックしてみて下さい。

お金をただ節約するだけでなく、各部屋を見たり近所の雰囲気を感じてみると良いです。直接、家賃のを交渉する方がはるかに簡単です。でも人々は、人に直接言うほうが、コンピューターを利用するよりも難しいと思うのです。サインする前に、その物件へ様々な時間に行ってみる事をおすすめします。時には奇妙な事や人が、夜に現われます!

事前にローカルの駐在員を知っておこう

移動プロセスで大きな助けとなるのは、オンラインや、Internations.orgのような駐在員フォーラムに参加することです。移動する都市を選択したり、他の駐在員と連絡を取ったり、すでにそこに住んでいる人へ質問することもできます。彼らはまた、各エリアでイベントや集まりを知っているので、あなたは飛行機に乗る前に、新しい町で何が起こるのかを把握しておけます。これは、新しい土に足を踏み入れる前に、人々と“出会える”素晴らしい方法です。到着したときには既に友人のネットワークを持っていて、より楽な移住になるでしょう。

ローカルでの買物を恐れないで

節約の良い方法は、地元の店で買い物をすることです。市場をチェックし、そこからフルーツや野菜を購入してください。はい、最初は慣れないかもしれませんが、おそらくもっと新鮮です。ほとんどは地元の農場からのものなので、新鮮なパイナップルやレタスを買っているだけでなく、あなたは地元の農場やコミュニティをサポートしていることになるのです。

交渉に交渉を重ねる
 
東南アジアでは全てが交渉可能です。家賃から、タクシー料金、家具まで。時には、何人かと一緒の場合、マッサージの取引さえできます。 より良い価格を上手に求めることは、決して悪いことではありません。

少し腹立たしくなる時もあるでしょうが、相手を侮辱しないように心がけるべきです。もし500ドルの値段がつけられたソファを買う時も、その金額は鵜呑みにしないで、あなたは200ドルしか支払わず、合理的に100ドルオフと無料デリバリーを尋ねてください。

残念ながら、外国に移住すると、観光客だと思われ、観光客用に値段を引き上げられることがあります。しかし、あなたがそこに移住しており、家具、果物、スクーター等を、そこからすべて購入するつもりだと言うなら、彼らは通常より良い価格を提供します。私たちは家主と直接交渉して、数百ドルの値引きをしてもらいました。 それはシカゴでは決して起こらないことです。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事