東南アジア生活情報

標準

東南アジアにおける教育と生活

南アジアと東南アジアは、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、ブルネイ、カンボジア、ラオス、ビルマ(ミャンマー)、東ティモール、フィリピンで構成されています。

東南アジアの国際学校

東南アジアには色々なタイプの学校があり、その中には昔からの外国人学校を含め広範囲の国際学校が沢山あります。この地域には長い間、海外移住者が多くすんでいる為です。最近ではイギリス系および国際学校が増えており、特にタイ、マレーシア、シンガポール、少し少なめでインドネシアが、裕福なホスト国民に質の高い教育を提供しています。

ここでは学業成績に重点を置き、教師は学業成績のトップにいなければなりません。文化的には、どの地域でも、地元の国際学校教える人、学校運営や親の関与、ホスト国家の影響力の強い人、地元の管理職とその子ども達、その地の風習が学校の文化になっているのがわかります。教育は、この地域の家族にとって非常に重要です。教育は珍しい事ではなく、ホスト国家専門家と会う数分のうちに、彼らの子供たちがそこに出席しているのか、どの大学に出席しているのか等を知ることができます。学習や達成は賞賛され、知恵はもちろん、繁栄と敬意の道にも見えます。ですから、このような期待をもって生徒は勤勉で、教師の期待は高いのは不思議ではありません。もしあなたがリラックスした休暇をとりたいのなら、来るべき地域ではありません。あなたの主題を教えること、知識を伝えること、豊かで深く、異文化、しかし非常に歓迎する外国文化の中で生きて働くことを学びたいと思うなら、あなたは来なければならない地域です。逆に、あなたの主題や知識を伝え、豊かで深い異文化を伝え、国際文化で生きていくとを学びたいのなら、来るべき所です。

東南アジアでの教職探し

この地域の国際学校では良い教師が評判の鍵であり、毎年何千人もの教員を雇っています。いつもそうであるとは限りませんが、テストや機械学習、純粋な学業成績に重点を置きがちです。

東南アジア諸国の教員に対する契約と給与

通常の契約は2年間ですが、年間支払額の高い学校では1年契約の所もあります。住宅は、到着時に住宅を確保するために奨励金が出ます。住宅の選択は非常に良く、殆どの地域でコストは低いですが、同時に、教師が住宅手当ての中で期待できる住居の基準や場所が期待に合うかどうかを、学校に確認すると良いでしょう。

給与には免税が殆どありませんが、この分野は変更しているかもしれません。西洋の基準ではかなり低く、典型的な教員の所得の10%から15%くらいです。一部の契約には、各種のボーナスが含まれますが、すべてではありません。東南アジアは、より高額のシンガポールを除き、世界で最も安い場所の一つです。

東南アジアの教師のための査証

この地域のいくつかの国では、年齢でビザ制限があるため、60歳近い教師は難しくなっています。ほぼ全ての国でビザ取得の為の健康診断が求められ、先天的な病気(特にHIV、肝炎または結核)に人は拒否されるので、エベクチュスのコンサルタントと話し合う事をおすすめします。殆どのアメリカ人学校と英国学校は、ある種の医療保険を提供していますが、既存の医療はしばしば除外されるため、カバーされるものとカバーされないものを理解する必要があります。

東南アジアにおける学期

殆どの外国籍者のための国際学校では、学年は9月から6月までです。 まれに、一部の地方の学校では、2月から12月、又は5月から4月までという所もあるので、その学校のカレンダーを尋ねてください。

東南アジアにおける経験要件

地域の多文化性のため、英語を第1言語としていない子供を教える経験と訓練を受けた教師の需要が増え、第1言語が英語である教師が優先されています。言語をモデリングし、英語で子供たちとコミュニケーションすることは、科目にかかわらずとても重要なのです。多くの学校は、英語が母国語でなかろうと、どんな強いアクセントにも敏感になっている可能性があるので、常にクリアなコミュニケーションをとれる事が重要です。

多くの国では、国際学校で教える為には、資格取得後の2年間の教育実習を有していることが求められます。英語語学学校は、しばしば経験の少ない教師を雇用していますが、国際学校は教育省によって異なる基準に定められています。エベクチュスに登録する教師は、ラーニング・ポータルで英語を取得している子供たちを教える為のリソースとヒントを得ることができます。

東南アジアのライフスタイル

<気候>
東南アジアは熱帯なので、年間気温は25〜35℃です。湿度が高い可能性があり、湿度の高いシーズンはより涼しく、冬です。

<自由な時間に>
東南アジアには、特にアウトドアや積極的な活動が、沢山あります。

<旅行>
教師は、休校に訪れる場所が沢山あります。カンボジアのアンコールワット寺院、タイのパタヤ、インドネシアのバリ島、ボルネオのジャングルと野生生物、ラオスのルアンプラバン、ベトナムのハノイの植民地都市、クアラルンプール、シンガポール、ペナン、バンコクの景観など、2年契約では見切れないほどあります!

<スポーツ>
ウォータースポーツやアウトドアが人気です。スキューバダイビングは、東南アジア全域で普及しており、インドネシア、フィリピン、タイ、マレーシアがパックを率いています。インドネシアとフィリピンのビーチには特に、サーフィンとウェイクボードが普及しています。セーリングとシュノーケリングは、地中海でも楽しめます。フィリピンのパラワンにある、プエルトプリンセサ地下川国立公園では、世界で最も長い地下河川を探索することができます。内陸では、ハイキング、自転車、オートバイで壮大な景観や町を楽しむことができます。

<クラブや社会>
地域には数多くの国外出身のクラブがあるので、どのようなものかは、学校に相談するか、ラーニングポータルを訪れてみてください。この地域は多文化で英語もよく話されているため、多くの教師は地元の友達を作ることができます。なので外国人クラブの必要性は、他の地域に比べると劣ります。

<バー、パブ、クラブ>
アルコールは、東南アジアの小さな地域でのみ制限されています。バーやクラブは、シンガポール、クアラルンプール、バンコク、ペナンなど都市化した都市に数多くあります。ライブミュージッククラブでカクテルを飲むのは、非常に高いことは間違いありません。おそらく母国と変わりません。各地域では、地元のビール、アルコール、そして時にはワインは、はるかに安く、外国人は直ぐに彼ら好みに味を作り出します。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事

東南アジアに住む外国人への5つのヒント

標準

11年間というもの、私と夫のマークは、移動するかもしれない全ての場所に行ってみました。そして参るほど色んな事を研究し、フォーラム、フェイスブック、ブログを読みました。マレーシアのペナンに移ることを決めた私たちは、興奮し恐くなるほどでした。何年もの旅と研究、調査の後なので、最初の一年くらいはスムーズに暮らせると思っていました。しかし実際に引っ越し暮らすまで、分からない事は沢山あるのです。

以下は私が個人的な経験から学んだ5つのヒントであり、東南アジアへの移動を少しでも楽にするのに役立ちます。

少なくとも最初の一年は、買わずに賃貸が良い

あなたが住みたい地域でまず賃貸し、住んでみて大丈夫と思えば買うのも良いでしょう。休暇を取っただけの場所で買いに急いではいけません。その近所がどうなのかは、まだ知らないでしょう。

私達は一年目に完璧と思えたコンドミニアムを見つけましたが、数歩歩いたところに犬の避難所があり、悲惨なものでした。昼も夜も、何十匹もの犬が絶え間なく吠えるのです。ありがたいことに私たちは賃貸していたので、楽に移動することができました。

そこを見るまで賃貸しない方が良い

賃貸をオンラインで決める事で、保険料を支払うだけでなく、不動産業者に支払うことになります。写真は、時にはその場所が実際よりも大きく、より良く、美しいビーチに近いと錯覚させます。直接見るまでは、実際どんなのかは分かりません。

最初に到着してから数週間または1ヶ月間くらい、あなたの帽子を掛けることができるエアバッグまたはホテルを探してください。そして、タクシー運転手、地元住民、駐在員、バーテンダーなど、 あなたが借りたい場所や必要条件を、皆に伝えてみるのも良いです。あなたが好きそうなエリアをドライブしたり、レンタルサインの番号に問い合わせたり、地元の新聞やオンラインをチェックしてみて下さい。

お金をただ節約するだけでなく、各部屋を見たり近所の雰囲気を感じてみると良いです。直接、家賃のを交渉する方がはるかに簡単です。でも人々は、人に直接言うほうが、コンピューターを利用するよりも難しいと思うのです。サインする前に、その物件へ様々な時間に行ってみる事をおすすめします。時には奇妙な事や人が、夜に現われます!

事前にローカルの駐在員を知っておこう

移動プロセスで大きな助けとなるのは、オンラインや、Internations.orgのような駐在員フォーラムに参加することです。移動する都市を選択したり、他の駐在員と連絡を取ったり、すでにそこに住んでいる人へ質問することもできます。彼らはまた、各エリアでイベントや集まりを知っているので、あなたは飛行機に乗る前に、新しい町で何が起こるのかを把握しておけます。これは、新しい土に足を踏み入れる前に、人々と“出会える”素晴らしい方法です。到着したときには既に友人のネットワークを持っていて、より楽な移住になるでしょう。

ローカルでの買物を恐れないで

節約の良い方法は、地元の店で買い物をすることです。市場をチェックし、そこからフルーツや野菜を購入してください。はい、最初は慣れないかもしれませんが、おそらくもっと新鮮です。ほとんどは地元の農場からのものなので、新鮮なパイナップルやレタスを買っているだけでなく、あなたは地元の農場やコミュニティをサポートしていることになるのです。

交渉に交渉を重ねる
 
東南アジアでは全てが交渉可能です。家賃から、タクシー料金、家具まで。時には、何人かと一緒の場合、マッサージの取引さえできます。 より良い価格を上手に求めることは、決して悪いことではありません。

少し腹立たしくなる時もあるでしょうが、相手を侮辱しないように心がけるべきです。もし500ドルの値段がつけられたソファを買う時も、その金額は鵜呑みにしないで、あなたは200ドルしか支払わず、合理的に100ドルオフと無料デリバリーを尋ねてください。

残念ながら、外国に移住すると、観光客だと思われ、観光客用に値段を引き上げられることがあります。しかし、あなたがそこに移住しており、家具、果物、スクーター等を、そこからすべて購入するつもりだと言うなら、彼らは通常より良い価格を提供します。私たちは家主と直接交渉して、数百ドルの値引きをしてもらいました。 それはシカゴでは決して起こらないことです。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事

アジアで外国人が退職後の生活をするのに最適な場所

標準

退職は、まったく新しい人生の始まりを告げるすばらしい時です。実際に多くの退職を迎える人々の間で、退職後には別の国に移住するという人は増え、それは辺境から主流へと移行しました。

実現するには、冒険と異文化の体験欲だけではなく、新しい巣作りが必要になります。それをすれば、アジアは目的地として間違ってはいません。あなたの年金は、(東南)アジアの多くの地域で、夢を実現させるのに十分でしょう。そしてまた、多くの退職者が探している(あなたの選択に応じて)、素晴らしい気候、手頃な価格と高品質の医療、近代的なインフラストラクチャー、歴史と文化があります。

海外での生活は全部が楽しいわけではなく、欠点もあります。アジアには他の場所と同様に欠点があります。文化の違いは大きな魅力ではありますが、日々の暮らしで欲求不満を引き起こすこともあるのです。日常生活の一部として、アジアの大都市(こんにちは、バンコク、マニラ!)の理解不能な官僚制度、言語の壁、交通混雑を覚悟してください。酷い犯罪は稀で、西部の殆どの都市よりも統計的には安全ですが、スリなどの小規模な犯罪はあるので気をつけなければいけません。事実として受け入れがたいような極度の貧困生活の人もいます。

東南アジアで人生を確立するには、滑らかで少し大ざっぱになる方が良いです。

長所と短所を慎重に検討したうえで、やはり移住に魅力を感じるなら、インターナショナル・リビングの2017年度グローバル・リタイヤメント・インデックスが、東南アジアにおける5つの最良な地域を提供してくれます。

1.マレーシア

ビザに関する法律:マレーシアは、2006年に開始されたマレーシア第2の家庭(MM2H)プログラムで、外国人へ積極的な裁判を求めています。東南アジアでユニークな10年間のビザというのがあり、これは複数の出入国が可能です。
退職者のための最良の選択肢であり、21歳未満の子供も許可されているので家族にも良いのです。申請者は、月額でMYR10,000(約2,300米ドル)の収入を証明するとともに、流動資産がを50,000以上(50歳以上)であることを証明しなければなりません。さらに、マレーシアの銀行口座に固定入金を1年で300,000リンギット(RM300,000)で入金する必要があります。このうち2年で最大50%が家の購入や健康保険に使用されます。このビザで永住権は得られませんが、マレーシアで引退したいと考える殆どの外国人と同じくらい良いです。

ハイライト:指標で調査された24カ国のうち、ヘルスケアでトップの会社100社中97社はマレーシアです。ですからヘルスケアに不安を抱える人々には最適な国と言えます。おそらく地元で英語を話す人数が多く、外国人の人口、エンターテイメント、アメニティ、健康的なライフスタイルが高いことで、90年代から人気が出てきました。マレーシアは、インド、中国、ポルトガルの影響が非常に強く、建築、文化、食糧のすべてに、それが明らかです。例えば、クアラルンプールは、とてもモダンな都市ですが、ペナンやメラカのジョージタウンなどの第二層都市は、ヘルス施設などにアクセスし、リラックスしたライフスタイルを望む人に合います。食べ物は、ペナンは定期的に世界最高チャートに載ります。マレーシアでは、どこでも驚くほど多くの料理をお買い得価格で食べることができます。ダウンサイドは、非常に暑くなる気候なので難しいですが、常にエアコンがあります!

2.タイ

ビザの法律:50歳以上の外国人は、前年に導入された新しいタイの退職ビザを申請できるようになり、多くの退職者が「微笑みの国」の生活をしたいと考えています。申請するには、少なくとも10万バーツ(約US $ 3000)の月収または300万タイバーツ(約9万ドル)が銀行預金にある事を証明しなければなりません。ビザは5年間、10,000タイバーツ(約US $ 300)の費用で付与されます。その後、さらに5年間の更新が可能です。

ハイライト:タイでは退屈などありません。エンターテイメントのオプションとアメニティの数は、インデックス評価にも現れています。この国には食べ物やスリルや文化の探求者でも、ビーチバムでも、楽しめるものが沢山あります!また、健康管理、フィッティング、生活費の高い評価を得ています。又、ヘルスケア、フィッティング、生活費でも高い評価を得ており、微笑みの国と呼ばれるに値します。地元の人々は信じられないほどフレンドリーで歓迎してくれます。外国人は家庭での助けと母国のような医療の質を得ることもできます。 一言で言えば、タイでの外国人の生活はストレスが少なく、楽しさが多いのです。

3.カンボジア

ビザの法律:カンボジアのビザ・プログラムは、多くのウェブサイトやフォーラムでも指摘されるように、規制の執行が不十分で、世界で最ものんびりした国と考えられています。長期ビザを取得し更新するのは簡単で、退職者はカテゴリーERビザが必要です。これは今年初めに導入されましたが、オンラインでの情報は殆どありません。 外国人の退職者は、年金の収入証明書や母国への投資証明書を提出することによって、財政の安定性を公式に証明する必要があります。外国人が依然としてカンボジアに土地を所有することを禁じていることは、注目に値します。

ハイライト:インターナショナル・リビング・インデックスによれば、カンボジアは調査対象国すべての中で、最低生活費を99点に格づけされています。しかし、居心地の悪い安価な場所で、首都外にある家具付きでエアコン完備のアパート賃貸料は、月額200ドルほどです。この国全てが美しいと言えるわけでもなく、結局のところ、「ワンダー・オブ・ワンダー」なのです。興味深く、時には荒れ狂う歴史、美しいビーチや景色、アンコールワットのような文化的宝石、親しみやすい地元の人々、そして一年中の暖かさ等、不思議な魅力があります。プノンペンやシエム・リープの国際都市を選んだり、少し静かな場所を選んだりしても、殆どの外国人は、カンボジアの生活がとても楽だということに同意します。ネガティブな面は、多くの地方自治体が抱えている貧困、輸送インフラの弱さ、道路の安全性が非常に低い、他のアジア諸国に比べ遅れた医療システムなどがあります。

4.フィリピン

ビザの法律:特別居住者の退職者ビザ(SRRV)は、フィリピンで就職しようとする外国人のためのビザです。それは出入国に制限のなく、Smileバージョンは35歳以上なら誰でも利用できます。政府の公式ウェブサイトに様々なカテゴリの情報が載っています。

ハイライト:馴染みやすい国として、そのカテゴリでは95/100のスコアです。7,000以上の熱帯諸島には美しいビーチ、バギオやタガイタイの山腹の涼しい気候、あるいはセブシティのような都会的な場所に住むこともできます。どこでも人々は温かく歓迎してくれるでしょう。列島の英語が公用語なので、コミュニケーションは難しい問題ではありません。生活費はタイと同等で、大都市の医療施設は海外にも匹敵しますが、農村部では不足している所もあります。又、いくつかのインフラストラクチャの問題で苦労しているので、一部の地域で停電、水不足、道路の悪化、通信問題が生ずる可能性があります。強盗、薬物、テロリストが問題となっている地域では、安全が懸念されます。

5.ベトナム

ビザの法律:現在のベトナムには退職ビザ制度はありません。 外国人退職者は、3ヶ月単位、または複数の入国ビザを申請し何度も更新します。延長申請をすることはできますが、長期滞在の許可がもらえるとは限りません。これがベトナムへの移住の最大の障壁になるでしょう。

ハイライト:ベトナムがグローバル・リタイヤメント・インデックスに掲載されている24カ国で最下位なのは驚きです。生計費で91ランクとなっていますが、他のスコアは、60年代と70年代が影響して低いです。

すでに退職後を楽しんでいる人たちは、東南アジアで急速に経済成長した国の生活の質には失望していません。確かにretireinasia.comは、ここを「生きがいと開放のアジアの輝く星のひとつ」と表現しています。歴史と近代がここで結ばれているので、開発の遅れた地で苦労なしに、ベトナム特有の伝統と文化を楽しむことができます。パー・ヘルスケアや不足したインフラストラクチャーに我慢する必要はありません。どこへ行くにもフレンドリーな地域を見つけることができるし、景色は壮観で多様です。ベトナムの優れた交通機関は、魅惑的な大陸を探検する大きな基盤になっています。

海外で引退しようとする場合、いずれかの国に魅力を感じるなら、行く前にじっくり研究してください。 決定の際に考慮すべき点は沢山ありますが、少なくとも財務計画はしっかり行なわなければいけません。移住を決めたら、投資や収入の管理や、銀行の要件を管理するための効果の高いソリューションなど、専門的なアドバイスを受けるのがお薦めです。移住する国の適切な医療保険を確認し、年間の可処分所得の計算は、年間費用を考慮してください。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事