外国人は東南アジアで、どのように仕事をしますか?

標準

現在の世界経済は厳しい状況にある中、東南アジアの雇用市場へ多くの求職者が集まります。しかしこの地域のユニークな雇用市場に、どう参入すべきかを知る人は極わずかです。ガイドを手渡すため、マレーシアとタイのグラスフォード・インターナショナル・パートナーズの2人が、その重要なステップのリストを遵守しました。東南アジアで新たなキャリアを求めている人や、在留を希望する外国人の方々には、私たちのアドバイスが役立ちます。休暇中に素敵な恋ができることも願っています。

東南アジアの地図

多国籍企業で働く場合の最善の選択肢は、地域内に「拠点間移転」を申請することです。多くの企業は社内の応募者(海外からも含む)を検討し、組織外に出すことを検討します。これらは、移転時に適応するのが一番簡単で、海外に転記された人の給与が「均等」または増額されることが多々あります。会社の人事部へ行く前に、転送の意図をラインマネージャーに知らせてください。

海外ネットワーク

国際移転のチャンスがない場合は、その地域で自分の意思で時間を活用することができます。母国の商工会議所や、地もとの異文化グループ等の国際団体にコンタクトする事から始めるのが最適です。 LinkedInは、グラスフォード・インターナショナルのようなグローバル企業経営者などをターゲットにしている従業員を見つけるのにもお勧めです。あなたの野心と経験を地域に持ち込み、あなたの熱心を伝えてください。

行動する

その国にまだ移住していないあなたの能力を、リクルーターに分かってもらう為に、実際に会うこと無くメールだけというのは、非常に難しい話です。採用マネージャーは重大なリスクを負う事になり、採用を決定する前には直接会いたいと考えます。あなたのように外国からメールで申し込む候補者は何千人もいるので、仕事を獲得するチャンスは大幅に減ってしまいます。ですから十分な時間をかけて旅行を計画し、面接する計画を立てることです。それにはお金も時間も必要です。これはあなた自身とご家族に、国や地域を調査する良い機会を提供します。

履歴と期待を調整する

地元の電話番号などを含め、あなたの言語能力を重視する事が不可欠で、これは移転する時の大事なステップとなります。その国の給与水準をチェックし、期待を合理的なレベルへと調整して下さい。給与に関するアドバイスが必要な場合は、人材採用コンサルタントに連絡する事が良い情報源となります。無料の経済データやレポートが沢山あるので、調査する時間をとって下さい。

準備する

移動のシュミレーションは非常に大事です。これには、生活費、住宅、地方税制、就労許可、ビザの手続きなどに関する研究が含まれます。「地元の条件」で雇用される事は、地元の国家と同じ条件に義務付けらることを意味します。もし特殊なスキルや強いネットワークがあるなら、あなたは本格的な外国籍のパッケージとしてレーダーに乗るかもしれません。これはあまり一般的ではなくなり、選ばれた少数の人に適用可能です。

駐在契約期間が満了した後(通常は3年)、国に留まることを望む外国人は、時には現地の条件に切り替えるプロセスで、苦痛を感じる事もあります。それはポケットの中で感じるでしょう。

移転に向けて十分な情報と節約が重要であり、それ以上に、期待が現実的であるかを、もう一度確認してください。母国での就職に苦労したなら、新しい国でそれが簡単になるとは思えません。外国人であれば、地元の人が持っていないスキルがあれば、考慮されます。そして採用された後は、倍の努力をしなければ、それを分かってもらえないでしょう。外国人を雇う側もリスクを背負っているわけですから、懸命に働く心積もりでいてください。又、“群衆の中で目立つ”事も重要です。

 

各国語を学ぶ

 

東南アジア諸国では、英語ができることで逃げ道はできますが、現地語でのコミュニケーション能力が、仕事を探す際には断然有利となります。それに滞在をもっと楽しむことができます。

火の中の多くの棒

職探しは、広角レンズを通して狩りするようなものと想像してください。散弾銃のようなアプローチはしないほうが良いです。ですが複数の道を使って目的地に到達してください。エグゼクティブサーチ会社にコンタクトするだけでは十分ではないかもしれません。サーチ会社は顧客からの依頼に対して取り組むことを、常に忘れないでください。クライアントは才能を求める企業であり、候補者は“プロダクト”です。時間がかかることがあります。すべての仕事のチャンスがサーチ会社を通っているわけではありません。才能を見つけるために会社は複数の手段をとるので、積極的かつ機知に富んでいることが大事です。プリントとオンラインメディアを継続的にレビューしましょう。最も重要なのは、仕事をしたいと思う会社に直接関わることです。

柔軟に

もしあなたが、まだフレキシブルになっていないのなら、移住について2回考えてみてください。東南アジア諸国の大半は新興市場です。エキサイティングな場所ではありますが、母国と同じなわけではありません。現地企業は多国籍企業とはかなり違うため、外国人にとってはカルチャーショックを受ける覚悟をしてください。作業環境も異なります。彼らをそのまま受け入れるつもりでいて下さい。最終的にあなたが彼らを変えるよりも、彼らがあなたを変えるでしょう。あなたが外国にいるときは、異なる文化や伝統を尊重する必要があります。あなたがしなければ、人生は生きる悪夢になるでしょう。一日の終わりに、新しい体験をしたいと思っています。外国にいるときは、そこの文化や伝統を尊重する必要があります。それができなければ、悪夢の人生となるかもしれません。一日の終わりには、新しい経験ができたと思えるように。

思慮深く

国外追放は珍しいことではなく、原因はしばしば配偶者や子供が新しい環境に適応しないことにあります。異国への移住は家族すべてに影響を与えるので、慎重に検討してください。新しい経験を積みたいのは、あなただけでなく家族も同様です。家族が幸せでなければ、間違いなくあなたの仕事に影響を及ぼすでしょう。

東南アジア諸国では、西洋風の住宅と教育はプレミアムで見つけるのが難しい場合もあります。あなたの契約に住宅と教育の手当が入っていない場合は、決定する前に慎重に検討してください。

1つの地域、多くの相違

東南アジア内の相違は驚くほどあります。よくラオスよりもシンガポールに居住する方がはるかに簡単だと言われています。シンガポールや香港では、より多くのキャリアチャンスがあります。実際この2つの国への移住は、他の多くの東南アジアの国と比べると少ない調整で済むので、外国人のための素晴らしいエントリーポイントになる可能性があるのです。

東南アジアの多くの国では労働許可が制限されているため、HRは絶対に必要な場合を除き、煩わしさを無くしたいのです。伝統的にシンガポールと香港は外国人を受け入れるためにオープンで、所得水準も西洋並みです(生活費もそうです)。

絶えず変化する風景

外国人は殆どが西から来ていましたが、最近では、はるかにオープンで競争の激しい景観となっています。東南アジアでは、インドの駐在員が増え、外国人の需要が高まっています。彼らは移住先の文化と言語をよく学んでいます。アジアの出国者は、地方の条件で働く準備ができているので、雇用コストを削減しています。あなたが仕事を遂行できて、地域に適応するならば、仕事をつかむ可能性があります。パスポートのエンブレムはさほど重要ではありません。価値のある取引には決定を下して下さい。

法的に

一部の企業では、就労許可証なしで働くことを提案する場合があります。 しかし、これは避けてください。 あなたが自国の法律を守っていれば、別の国に行く必要はなく、移民法や税法を嫌うはないでしょう。

大事な事をひとつ言い残した、落ち着け

もし早々に結果を期待しているなら、自分自身を失望へ設定しています。新たなキャリアを求めるには時間がかかるものですが、それが外国でなら、なおさらの事です。休日の国は貿易よりも全く違う事を覚えておいて下さい。あなたは5つ星のリゾートに居住していない可能性がありので、長期滞在する場合は、文化的相違や就労基準に適応しなければいけません。 それは豊かな経験であり、カルチャーショックを楽しむ事にもなります。

私たちのアドバイスが助けになることを願っています。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事