東南アジアで駐在員になる理由トップ5

標準

旅行や食べ物のブロガーで、東南アジアの長期滞在者であるAkshata Mehta
さんは、東南アジア駐在員の経験と、海外生活で得た多くの利点を分かち合います。

人生全てを移転させるのは、とても怖いです。信じて、すべてのものを詰め込み、休暇よりも長く、全く未知の場所に移動するのは簡単ではありません!私はたくさん移動したので、是非言わせて下さい。 簡単ではないのです。でも私は異文化に触れ、場所から場所へ移動することをあきらめません!外国人、旅行者、放浪者、呼び方は何でも、いつも私に何か新しいことを教えてくれるのです。 ここでは、私が駐在員という立場で得た大事なことをお話します。旅行を通して、あなたと共鳴できれば幸いです。

意志は視点を広げる

海外に住むということは、あなたの快適ゾーンから完全に離れ、色々な課題に直面する事を意味します。しかし、それによって必然的にあなたの視点が広がるのです。新しいコミュニティーに没頭するようになり、異国の習慣や伝統にさらされます。バンコク・バイ・レーンの都市交通に慣れ親しみ、シンガポールで初めて旧暦の新年を祝い、文化のニュアンスを理解していくでしょう。そのうち、あなたの広がった視点は、ごく普通となります。そして未知の世界を受け入れざるを得なくなるので、もっとオープンになり、最終的には新しさのスリルを楽しんでいることでしょう。

新しい生活様式に没頭すれば、素敵な人々との出会いがある

自分自身に没頭しなくても、新しい生活様式を学ぶのは止めることはできません。日常的な習慣から、大きな文化特有の出来事に至るまで、海外生活に伴う「経験に基づく学習」は、最も充実した側面の1つです。特に東南アジアの豊かな文化には多くの面があります。 タイで過ごした時、私は一度も試してみたことのない食べ物にさらされました。全く私の口に合わなかったにもかかわらず、タイ料理は地元の人々と会話をする、きっかけとなったのです。私の親友や “ハングアウトの仲間” は、地元レストランやフードベンダーで知り合った人達です。新しい生活様式に没頭することで、結果的に多くの素敵な人々と出会うことができました。私のアドバイスを、できるだけ試してみることです。なぜなら、突然そこを去る日が来るかもしれないし、逆に、生涯住む事になるかもしれないし、分からないからです。

少ないお金で、より良く生きる

人々が海外に移住する理由の1つには、生活費の安さがあります。特に貯金があればなおさら海外へ行くことができます。iExpatsによると、インド、ネパール、モルドバなどの国は、スイスやオーストラリアなどと比べれば、生活費が安いです。地域によっては、生活費が大幅に削減される可能性もあります。特に東南アジアの国々は予算に優しい国です。あなたの貯蓄に合わせて生活費を計画してください。

あなたはプロのスキルを高める

成長の激しい経済を背景に、東南アジアの国々は、事業を開始または成長させるのに最適な場所です。アジアへの移住がなぜ良いかという記事で、Shannon Ullmanさんは次のように述べています。「アジアで外国人雇用のチャンスがあるなら、コミュニケーション能力を向上させ、問題解決し、あなたが働く分野への理解が不可避となります。西洋との技術格差を考えれば、アジアへ移る事は否定のできない恩恵です。

あなたの中で新しい発見がある

Hadas Aharonさんは、外国人として生活する彼女の人生についての記事で、海外に住んでいることが「自己探求」を助け、洞察力を磨いたと言います。私はそれがスーパークリチッドだと分かっていても、なかなか同意できませんでした!外国人すべてが自己探求するわけではないかもしれませんが、母国から離れて暮らし、さまざまな課題に直面し、それが自分自身をもっと知る助けになることは間違いありません。私は自分の強みと弱点を発見し、そのために以前とは違う満足感を得ていたのでした。たとえば、タイの料理教室に参加した後、私は思ったよりもずっと多くの料理を楽しんでいたことがわかりました。それからというもの、料理は私にとってストレスではなくなりました。最も嬉しかったことの1つは、「受け入れられる」という、今まで経験したことのない方法で満足を得られるということでした。外国人として人々とやりとりをする中で、きっと「あなた」の様々な部分が解かれ、喜びを見つけるはずです!

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事

東南アジア生活情報

標準

東南アジアにおける教育と生活

南アジアと東南アジアは、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、ブルネイ、カンボジア、ラオス、ビルマ(ミャンマー)、東ティモール、フィリピンで構成されています。

東南アジアの国際学校

東南アジアには色々なタイプの学校があり、その中には昔からの外国人学校を含め広範囲の国際学校が沢山あります。この地域には長い間、海外移住者が多くすんでいる為です。最近ではイギリス系および国際学校が増えており、特にタイ、マレーシア、シンガポール、少し少なめでインドネシアが、裕福なホスト国民に質の高い教育を提供しています。

ここでは学業成績に重点を置き、教師は学業成績のトップにいなければなりません。文化的には、どの地域でも、地元の国際学校教える人、学校運営や親の関与、ホスト国家の影響力の強い人、地元の管理職とその子ども達、その地の風習が学校の文化になっているのがわかります。教育は、この地域の家族にとって非常に重要です。教育は珍しい事ではなく、ホスト国家専門家と会う数分のうちに、彼らの子供たちがそこに出席しているのか、どの大学に出席しているのか等を知ることができます。学習や達成は賞賛され、知恵はもちろん、繁栄と敬意の道にも見えます。ですから、このような期待をもって生徒は勤勉で、教師の期待は高いのは不思議ではありません。もしあなたがリラックスした休暇をとりたいのなら、来るべき地域ではありません。あなたの主題を教えること、知識を伝えること、豊かで深く、異文化、しかし非常に歓迎する外国文化の中で生きて働くことを学びたいと思うなら、あなたは来なければならない地域です。逆に、あなたの主題や知識を伝え、豊かで深い異文化を伝え、国際文化で生きていくとを学びたいのなら、来るべき所です。

東南アジアでの教職探し

この地域の国際学校では良い教師が評判の鍵であり、毎年何千人もの教員を雇っています。いつもそうであるとは限りませんが、テストや機械学習、純粋な学業成績に重点を置きがちです。

東南アジア諸国の教員に対する契約と給与

通常の契約は2年間ですが、年間支払額の高い学校では1年契約の所もあります。住宅は、到着時に住宅を確保するために奨励金が出ます。住宅の選択は非常に良く、殆どの地域でコストは低いですが、同時に、教師が住宅手当ての中で期待できる住居の基準や場所が期待に合うかどうかを、学校に確認すると良いでしょう。

給与には免税が殆どありませんが、この分野は変更しているかもしれません。西洋の基準ではかなり低く、典型的な教員の所得の10%から15%くらいです。一部の契約には、各種のボーナスが含まれますが、すべてではありません。東南アジアは、より高額のシンガポールを除き、世界で最も安い場所の一つです。

東南アジアの教師のための査証

この地域のいくつかの国では、年齢でビザ制限があるため、60歳近い教師は難しくなっています。ほぼ全ての国でビザ取得の為の健康診断が求められ、先天的な病気(特にHIV、肝炎または結核)に人は拒否されるので、エベクチュスのコンサルタントと話し合う事をおすすめします。殆どのアメリカ人学校と英国学校は、ある種の医療保険を提供していますが、既存の医療はしばしば除外されるため、カバーされるものとカバーされないものを理解する必要があります。

東南アジアにおける学期

殆どの外国籍者のための国際学校では、学年は9月から6月までです。 まれに、一部の地方の学校では、2月から12月、又は5月から4月までという所もあるので、その学校のカレンダーを尋ねてください。

東南アジアにおける経験要件

地域の多文化性のため、英語を第1言語としていない子供を教える経験と訓練を受けた教師の需要が増え、第1言語が英語である教師が優先されています。言語をモデリングし、英語で子供たちとコミュニケーションすることは、科目にかかわらずとても重要なのです。多くの学校は、英語が母国語でなかろうと、どんな強いアクセントにも敏感になっている可能性があるので、常にクリアなコミュニケーションをとれる事が重要です。

多くの国では、国際学校で教える為には、資格取得後の2年間の教育実習を有していることが求められます。英語語学学校は、しばしば経験の少ない教師を雇用していますが、国際学校は教育省によって異なる基準に定められています。エベクチュスに登録する教師は、ラーニング・ポータルで英語を取得している子供たちを教える為のリソースとヒントを得ることができます。

東南アジアのライフスタイル

<気候>
東南アジアは熱帯なので、年間気温は25〜35℃です。湿度が高い可能性があり、湿度の高いシーズンはより涼しく、冬です。

<自由な時間に>
東南アジアには、特にアウトドアや積極的な活動が、沢山あります。

<旅行>
教師は、休校に訪れる場所が沢山あります。カンボジアのアンコールワット寺院、タイのパタヤ、インドネシアのバリ島、ボルネオのジャングルと野生生物、ラオスのルアンプラバン、ベトナムのハノイの植民地都市、クアラルンプール、シンガポール、ペナン、バンコクの景観など、2年契約では見切れないほどあります!

<スポーツ>
ウォータースポーツやアウトドアが人気です。スキューバダイビングは、東南アジア全域で普及しており、インドネシア、フィリピン、タイ、マレーシアがパックを率いています。インドネシアとフィリピンのビーチには特に、サーフィンとウェイクボードが普及しています。セーリングとシュノーケリングは、地中海でも楽しめます。フィリピンのパラワンにある、プエルトプリンセサ地下川国立公園では、世界で最も長い地下河川を探索することができます。内陸では、ハイキング、自転車、オートバイで壮大な景観や町を楽しむことができます。

<クラブや社会>
地域には数多くの国外出身のクラブがあるので、どのようなものかは、学校に相談するか、ラーニングポータルを訪れてみてください。この地域は多文化で英語もよく話されているため、多くの教師は地元の友達を作ることができます。なので外国人クラブの必要性は、他の地域に比べると劣ります。

<バー、パブ、クラブ>
アルコールは、東南アジアの小さな地域でのみ制限されています。バーやクラブは、シンガポール、クアラルンプール、バンコク、ペナンなど都市化した都市に数多くあります。ライブミュージッククラブでカクテルを飲むのは、非常に高いことは間違いありません。おそらく母国と変わりません。各地域では、地元のビール、アルコール、そして時にはワインは、はるかに安く、外国人は直ぐに彼ら好みに味を作り出します。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事