東南アジア旅行中に働けますか?

標準

この方法に旅行資金を出すのは、空想的考えか現実的な見通しか?

東南アジアへ旅行し、その間に仕事をしたいと夢みて旅行資金を出すのは、現実にはリスクが高い方法です。

第1の問題は、東南アジアの観光ビザやビザなしの入国では、どんな仕事やビジネス(ボランティアや無給の仕事を含む)も禁じており、事前に適切なビザを申請する必要があるのです。

就労ビザを取得するには、通常、確定している就職先のスポンサーシップ手紙が必要で、これは聞くよりも厄介です。もし就労ビザなしで働いた場合(違法移民になる)、拘留、追放、逮捕、罰金を受ける危険性があります。次の問題は、カジュアルで未熟な仕事は法的には限られており、低賃金や長時間労働の仕事も難しいです。

タイのショップアシスタントは、たとえば月額250ドルの給与で10時間または12時間労働ですが、近隣の貧しい国はそれよりも低い賃金です。法律上の外国人居住者の仕事は、通常、申請をスポンサーし、十分な地方自治体がいない分野で、学位、経験、スキルのある地位にあります。原則として、地元にその仕事ができる人がいる場合、法的に外国人は仕事をする事はできません。

英語を教える

それは東南アジアで働く外国人がいない言っているわけではなく、 ある種の仕事に特に沢山いる、ということです。ネイティブスピーカーの英語教師は、地域全体で需要が大きく、有資格の英語教師はどこでも仕事があります。賃金は、所在地、資格、経験によって異なりますが、一般的には、所在する国にとってはかなりリーズナブルです。TEFL、CELTA、TESOLなどの「第二言語としての英語」の教育コースは、真剣に取り組んではいますが、資格や経験が無くても教えることができます。

月に3000米ドル(現地ではかなりのお金)も払ってくれるような最高の雇用を得るには、学位と豊富な経験が必要になります。学校では、教師は、月または年単位の契約で(契約完了時に給与の一部が支払われることが多い)、短期の仕事を探す人にとっては、あまり選択肢とは言えません。英語が流暢であるが母国語でない人も英語教師にはなれますが、かなりの挑戦となります。残念なことに、偏見は残っており、白人は国籍や教授能力にかかわらず、黒や茶色の肌の人種よりも、はるかに簡単に仕事を得ています。

もしあなたが正式な教育センターで働けない、もしくはそこで働きたくないのであれば、自分自身で生徒を見つけることもできます。

あなたのサービスを宣伝するためには、多少の努力をしてください。特に、大学の学生コミュニティや国際的に根ざしている企業から顧客を獲得するのは、さほど難しくはありません。しかし堅実な顧客基盤を作るのは、多少時間はかかります。教授経験がない場合は、英語力を磨き上げ、十分なレッスンの準備をするべきです。

授業を提供する公式な場がなければ、都市をじっくり周ってみる必要があり、そうする事で生徒を獲得することへ繫がる可能性があります。もし直前にキャンセルされたり、何時までもはっきりした反応がない場合でも、驚かないでください。少なくとも初期段階では、こういう事で、あなたの収入が制限されたり時間を無駄にすることも考えられます。

オンラインでお金を稼ぐ

インターネットが安定して作動するのであれば、オンラインまたはフリーランスの仕事も良い選択肢です。あなたが法的に「働いている」かどうかについては、灰色の領域が多少ありますが、レーダーの下(地元のミーティング、クライアント、支払い、銀行口座では無しで)にとどまっているのであれば、法的には
問題を起こすことは殆どありません。あなたは地元で暮らしても西洋式(又は母国)の賃金も手に入るのであれば最高です。

まだフリーランスのギグを持っていない場合は、例えば旅行ブログを書き、広告料でお金を稼ぐという手もあります。ですがこれは理想的な解決策のようで、少数の人しか実現できていないのが現状です。

この仕事の難点は、サイトトラフィックが合理的に収入を生み出すレベルに達するまで、時間(数ヶ月または数年)がかかることです。検索エンジンの最適化やデジタルマーケティングに関する知識が乏しく、又それほど多くの時間を費やすことができない場合は難しいです。

現実、多くの旅行ブログは利益を上げていません。収入のないまま2ヶ月執筆をした後、ほとんどの人は挫折してしまいます。しかし続けていけば、いくらかのお金を稼ぐことは全く可能です。オンラインで稼ぐ他の方法で、より迅速なリターンが期待できる、オンライン取引および投資です。これらは事前知識が必要で、ある程度のリスクを伴います。 例えばeToroのようなリスクを下げたモデルに開発したものもあります。

短期勤務

ダイバーのインストラクター、ミュージシャン、モデル、俳優、パーソナルトレーナーなどは、観光客として無難な仕事で可能かもしれませんが、法的には難しいです。気にせず労働許可なしで働く人はいますが、摘発がいつ来るかわからないのです。

または、最後のリゾートとして…

家に帰り、もう一度やり直してください。

これはおそらく最後のオプションです。 結局は、あなたの旅行を延長するポイントは、できるだけ長く現実に戻っていることです。ですがあなたの旅に必要な資金を工面する為には、迅速な方法と言える場合もあるので、早々に排除のは考えものです。

あなたが認識しているように、母国の給料は、東南アジアで得られるものをはるかに超えているでしょう。例えば母国であなたの友人や身内とレンタルフリーで滞在すれば、短時間でかなりのお金が節約できます。数ヶ月の努力があれば、リターン航空券と数ヶ月の旅行に予算をあてることができます。魅力的な選択肢と思えなくても、最も有利かもしれません。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事