東南アジアで駐在員になる理由トップ5

標準

旅行や食べ物のブロガーで、東南アジアの長期滞在者であるAkshata Mehta
さんは、東南アジア駐在員の経験と、海外生活で得た多くの利点を分かち合います。

人生全てを移転させるのは、とても怖いです。信じて、すべてのものを詰め込み、休暇よりも長く、全く未知の場所に移動するのは簡単ではありません!私はたくさん移動したので、是非言わせて下さい。 簡単ではないのです。でも私は異文化に触れ、場所から場所へ移動することをあきらめません!外国人、旅行者、放浪者、呼び方は何でも、いつも私に何か新しいことを教えてくれるのです。 ここでは、私が駐在員という立場で得た大事なことをお話します。旅行を通して、あなたと共鳴できれば幸いです。

意志は視点を広げる

海外に住むということは、あなたの快適ゾーンから完全に離れ、色々な課題に直面する事を意味します。しかし、それによって必然的にあなたの視点が広がるのです。新しいコミュニティーに没頭するようになり、異国の習慣や伝統にさらされます。バンコク・バイ・レーンの都市交通に慣れ親しみ、シンガポールで初めて旧暦の新年を祝い、文化のニュアンスを理解していくでしょう。そのうち、あなたの広がった視点は、ごく普通となります。そして未知の世界を受け入れざるを得なくなるので、もっとオープンになり、最終的には新しさのスリルを楽しんでいることでしょう。

新しい生活様式に没頭すれば、素敵な人々との出会いがある

自分自身に没頭しなくても、新しい生活様式を学ぶのは止めることはできません。日常的な習慣から、大きな文化特有の出来事に至るまで、海外生活に伴う「経験に基づく学習」は、最も充実した側面の1つです。特に東南アジアの豊かな文化には多くの面があります。 タイで過ごした時、私は一度も試してみたことのない食べ物にさらされました。全く私の口に合わなかったにもかかわらず、タイ料理は地元の人々と会話をする、きっかけとなったのです。私の親友や “ハングアウトの仲間” は、地元レストランやフードベンダーで知り合った人達です。新しい生活様式に没頭することで、結果的に多くの素敵な人々と出会うことができました。私のアドバイスを、できるだけ試してみることです。なぜなら、突然そこを去る日が来るかもしれないし、逆に、生涯住む事になるかもしれないし、分からないからです。

少ないお金で、より良く生きる

人々が海外に移住する理由の1つには、生活費の安さがあります。特に貯金があればなおさら海外へ行くことができます。iExpatsによると、インド、ネパール、モルドバなどの国は、スイスやオーストラリアなどと比べれば、生活費が安いです。地域によっては、生活費が大幅に削減される可能性もあります。特に東南アジアの国々は予算に優しい国です。あなたの貯蓄に合わせて生活費を計画してください。

あなたはプロのスキルを高める

成長の激しい経済を背景に、東南アジアの国々は、事業を開始または成長させるのに最適な場所です。アジアへの移住がなぜ良いかという記事で、Shannon Ullmanさんは次のように述べています。「アジアで外国人雇用のチャンスがあるなら、コミュニケーション能力を向上させ、問題解決し、あなたが働く分野への理解が不可避となります。西洋との技術格差を考えれば、アジアへ移る事は否定のできない恩恵です。

あなたの中で新しい発見がある

Hadas Aharonさんは、外国人として生活する彼女の人生についての記事で、海外に住んでいることが「自己探求」を助け、洞察力を磨いたと言います。私はそれがスーパークリチッドだと分かっていても、なかなか同意できませんでした!外国人すべてが自己探求するわけではないかもしれませんが、母国から離れて暮らし、さまざまな課題に直面し、それが自分自身をもっと知る助けになることは間違いありません。私は自分の強みと弱点を発見し、そのために以前とは違う満足感を得ていたのでした。たとえば、タイの料理教室に参加した後、私は思ったよりもずっと多くの料理を楽しんでいたことがわかりました。それからというもの、料理は私にとってストレスではなくなりました。最も嬉しかったことの1つは、「受け入れられる」という、今まで経験したことのない方法で満足を得られるということでした。外国人として人々とやりとりをする中で、きっと「あなた」の様々な部分が解かれ、喜びを見つけるはずです!

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事

分析:東南アジアはまだ外国人労働者にとって安全か?

標準

需要の変化というのは、現他のスキルより特種なスキルが価値があることを意味し、依然として外国人労働を必要としています。

東南アジアの経済の大部分では、伝統的に外国人に依存してきましたが、今も減少しているとは思えません。しかし、需要の変化があり、時間の経過とともにさらに深刻化する可能性があります。しかし需要の変化で、さらに深刻化していく
可能性があります。

例えば、シンガポールは他の国々よりもはるかに経済発展しているにもかかわらず、依然として駐在員に依存しているのです。

2016年末では、国内ヘルパーと建設労働者を除き、79万人の外国人労働力がいました。

マイケル・ページ・シンガポールのディレクターである、ニレ・カーンウェル氏は、過去殆どの外国人が金融関係に雇用されていたのに対し、この傾向は銀行部門が縮小し、マレーシア、中国、フィリピンを含む他の地域に焦点を移した事による、と述べています。

「金融技術から再生可能エネルギー、ライフサイエンスまでの分野における技術や研究開発の需要が高まる」と。 又「中高生向けの需要から上級レベルへの移行もあり、上級者の需要は常に過去の需要に依存している」と付け加えました。

シンガポールの外国人留学生の為のヒントは、「インターナショナルスクールにある」とカーンウェル氏は言います。外国人生徒達が遊んでいた過去の世代から、今は地元の才能をもってニッチな技術スキルを学ぼうとする外国人生徒が増えているのです。

「他に目にする変化は、より多くの外国人が現地契約を締結していることだ」と氏は付け加えました。 「これは、シンガポールの所得税率が西洋よりも大幅に低く、18%対約50%であることに起因する」とも語っています。

中国からの生産ラインの恩恵を受けているベトナムでは、労働コストと土地コストが急激に上昇する中、どの部門でもエンジニアと管理者が不足しています。

監視者は、「現地のエンジニアは最新技術から遅れをとり、管理者はソフトスキルが弱く、国際法や財務に関する重要な知識がない」と述べています。

ベトナムの労働力の発展に伴い、技術や銀行業などの産業で熟練した人材を雇用するのが困難になっています。

ハノイに本拠を置くErasmo Indolino氏は、Dezan Shira&Associatesの国際ビジネスアドバイザリーチームの幹部で、「ベトナムが外国投資のより競争力のある国となるかどうかは、人事管理の能力と密接に関連する」と述べています。

又、「これを反映し、ベトナム政府と提携する多くの国際企業が労働力訓練プログラムを後援している。それは、ベトナム人に海外で専門知識を習得してもらい、その後ベトナムで生かせるようにする」と。

更に、「Dezan Shira&Associatesの外国人顧客は、多くの場合、外国人労働者を使用する理由を当局が正当化するよう、頼まれることが多い。しかし現地の労働者が持っていない特定のスキルが無い限り、労働許可証を発行しない」と氏は述べ、「しかしながら、外国人顧客を持つ事は、外国人労働者を雇用するための貴重な理由は主にコミュニケーションで左右する 」と説明しています。

マキシム・リクルートメント(香港、アジア、中東)の調査専門家であるRichard Poulter氏によると、5〜6年の建設ブームが下火になり、外国人エンジニアの需要は減っているようです。

このブームは、主に5つの主要プロジェクトが展開される、香港鉄道の拡張に関連していました。

香港の外国人労働者の正式なデータは、ホワイトカラーの専門家とエンジニア、そして家庭のヘルパーを分けることができない為、はっきりしません。

「プロジェクトが終了すると、市場は再びローカライズされ、エンジニアリングの外国人は、新たな役割を見つけるのが困難になる。もう一つの要因は、国際的な人材を追い出し、価格の入札を多く獲得している中国企業の流入である」ポールター氏は述べています。

氏によると、外国人は通常、5、6年の契約で香港に来ますが、契約が終了した後も滞在する人が多くいます。 これは、香港が一定の基準で7年間、所得税を納めている人に永住権を与えるので、より簡単に永住権が手に入り、企業の参入も実現しやすくなるのです。

バリ島やオーストラリアのように、魅力的な東南アジアで短期間の休暇を過ごすだけでなく、多くの外国人がここに住むようになってきています。

「香港は住居は非常に高く、3ベッドルームの高層アパートに、イギリスの庭やガレージ付き一軒家と同じくらいの額を支払っている」とポールター氏は付け加えています。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事

アジアで外国人が退職後の生活をするのに最適な場所

標準

退職は、まったく新しい人生の始まりを告げるすばらしい時です。実際に多くの退職を迎える人々の間で、退職後には別の国に移住するという人は増え、それは辺境から主流へと移行しました。

実現するには、冒険と異文化の体験欲だけではなく、新しい巣作りが必要になります。それをすれば、アジアは目的地として間違ってはいません。あなたの年金は、(東南)アジアの多くの地域で、夢を実現させるのに十分でしょう。そしてまた、多くの退職者が探している(あなたの選択に応じて)、素晴らしい気候、手頃な価格と高品質の医療、近代的なインフラストラクチャー、歴史と文化があります。

海外での生活は全部が楽しいわけではなく、欠点もあります。アジアには他の場所と同様に欠点があります。文化の違いは大きな魅力ではありますが、日々の暮らしで欲求不満を引き起こすこともあるのです。日常生活の一部として、アジアの大都市(こんにちは、バンコク、マニラ!)の理解不能な官僚制度、言語の壁、交通混雑を覚悟してください。酷い犯罪は稀で、西部の殆どの都市よりも統計的には安全ですが、スリなどの小規模な犯罪はあるので気をつけなければいけません。事実として受け入れがたいような極度の貧困生活の人もいます。

東南アジアで人生を確立するには、滑らかで少し大ざっぱになる方が良いです。

長所と短所を慎重に検討したうえで、やはり移住に魅力を感じるなら、インターナショナル・リビングの2017年度グローバル・リタイヤメント・インデックスが、東南アジアにおける5つの最良な地域を提供してくれます。

1.マレーシア

ビザに関する法律:マレーシアは、2006年に開始されたマレーシア第2の家庭(MM2H)プログラムで、外国人へ積極的な裁判を求めています。東南アジアでユニークな10年間のビザというのがあり、これは複数の出入国が可能です。
退職者のための最良の選択肢であり、21歳未満の子供も許可されているので家族にも良いのです。申請者は、月額でMYR10,000(約2,300米ドル)の収入を証明するとともに、流動資産がを50,000以上(50歳以上)であることを証明しなければなりません。さらに、マレーシアの銀行口座に固定入金を1年で300,000リンギット(RM300,000)で入金する必要があります。このうち2年で最大50%が家の購入や健康保険に使用されます。このビザで永住権は得られませんが、マレーシアで引退したいと考える殆どの外国人と同じくらい良いです。

ハイライト:指標で調査された24カ国のうち、ヘルスケアでトップの会社100社中97社はマレーシアです。ですからヘルスケアに不安を抱える人々には最適な国と言えます。おそらく地元で英語を話す人数が多く、外国人の人口、エンターテイメント、アメニティ、健康的なライフスタイルが高いことで、90年代から人気が出てきました。マレーシアは、インド、中国、ポルトガルの影響が非常に強く、建築、文化、食糧のすべてに、それが明らかです。例えば、クアラルンプールは、とてもモダンな都市ですが、ペナンやメラカのジョージタウンなどの第二層都市は、ヘルス施設などにアクセスし、リラックスしたライフスタイルを望む人に合います。食べ物は、ペナンは定期的に世界最高チャートに載ります。マレーシアでは、どこでも驚くほど多くの料理をお買い得価格で食べることができます。ダウンサイドは、非常に暑くなる気候なので難しいですが、常にエアコンがあります!

2.タイ

ビザの法律:50歳以上の外国人は、前年に導入された新しいタイの退職ビザを申請できるようになり、多くの退職者が「微笑みの国」の生活をしたいと考えています。申請するには、少なくとも10万バーツ(約US $ 3000)の月収または300万タイバーツ(約9万ドル)が銀行預金にある事を証明しなければなりません。ビザは5年間、10,000タイバーツ(約US $ 300)の費用で付与されます。その後、さらに5年間の更新が可能です。

ハイライト:タイでは退屈などありません。エンターテイメントのオプションとアメニティの数は、インデックス評価にも現れています。この国には食べ物やスリルや文化の探求者でも、ビーチバムでも、楽しめるものが沢山あります!また、健康管理、フィッティング、生活費の高い評価を得ています。又、ヘルスケア、フィッティング、生活費でも高い評価を得ており、微笑みの国と呼ばれるに値します。地元の人々は信じられないほどフレンドリーで歓迎してくれます。外国人は家庭での助けと母国のような医療の質を得ることもできます。 一言で言えば、タイでの外国人の生活はストレスが少なく、楽しさが多いのです。

3.カンボジア

ビザの法律:カンボジアのビザ・プログラムは、多くのウェブサイトやフォーラムでも指摘されるように、規制の執行が不十分で、世界で最ものんびりした国と考えられています。長期ビザを取得し更新するのは簡単で、退職者はカテゴリーERビザが必要です。これは今年初めに導入されましたが、オンラインでの情報は殆どありません。 外国人の退職者は、年金の収入証明書や母国への投資証明書を提出することによって、財政の安定性を公式に証明する必要があります。外国人が依然としてカンボジアに土地を所有することを禁じていることは、注目に値します。

ハイライト:インターナショナル・リビング・インデックスによれば、カンボジアは調査対象国すべての中で、最低生活費を99点に格づけされています。しかし、居心地の悪い安価な場所で、首都外にある家具付きでエアコン完備のアパート賃貸料は、月額200ドルほどです。この国全てが美しいと言えるわけでもなく、結局のところ、「ワンダー・オブ・ワンダー」なのです。興味深く、時には荒れ狂う歴史、美しいビーチや景色、アンコールワットのような文化的宝石、親しみやすい地元の人々、そして一年中の暖かさ等、不思議な魅力があります。プノンペンやシエム・リープの国際都市を選んだり、少し静かな場所を選んだりしても、殆どの外国人は、カンボジアの生活がとても楽だということに同意します。ネガティブな面は、多くの地方自治体が抱えている貧困、輸送インフラの弱さ、道路の安全性が非常に低い、他のアジア諸国に比べ遅れた医療システムなどがあります。

4.フィリピン

ビザの法律:特別居住者の退職者ビザ(SRRV)は、フィリピンで就職しようとする外国人のためのビザです。それは出入国に制限のなく、Smileバージョンは35歳以上なら誰でも利用できます。政府の公式ウェブサイトに様々なカテゴリの情報が載っています。

ハイライト:馴染みやすい国として、そのカテゴリでは95/100のスコアです。7,000以上の熱帯諸島には美しいビーチ、バギオやタガイタイの山腹の涼しい気候、あるいはセブシティのような都会的な場所に住むこともできます。どこでも人々は温かく歓迎してくれるでしょう。列島の英語が公用語なので、コミュニケーションは難しい問題ではありません。生活費はタイと同等で、大都市の医療施設は海外にも匹敵しますが、農村部では不足している所もあります。又、いくつかのインフラストラクチャの問題で苦労しているので、一部の地域で停電、水不足、道路の悪化、通信問題が生ずる可能性があります。強盗、薬物、テロリストが問題となっている地域では、安全が懸念されます。

5.ベトナム

ビザの法律:現在のベトナムには退職ビザ制度はありません。 外国人退職者は、3ヶ月単位、または複数の入国ビザを申請し何度も更新します。延長申請をすることはできますが、長期滞在の許可がもらえるとは限りません。これがベトナムへの移住の最大の障壁になるでしょう。

ハイライト:ベトナムがグローバル・リタイヤメント・インデックスに掲載されている24カ国で最下位なのは驚きです。生計費で91ランクとなっていますが、他のスコアは、60年代と70年代が影響して低いです。

すでに退職後を楽しんでいる人たちは、東南アジアで急速に経済成長した国の生活の質には失望していません。確かにretireinasia.comは、ここを「生きがいと開放のアジアの輝く星のひとつ」と表現しています。歴史と近代がここで結ばれているので、開発の遅れた地で苦労なしに、ベトナム特有の伝統と文化を楽しむことができます。パー・ヘルスケアや不足したインフラストラクチャーに我慢する必要はありません。どこへ行くにもフレンドリーな地域を見つけることができるし、景色は壮観で多様です。ベトナムの優れた交通機関は、魅惑的な大陸を探検する大きな基盤になっています。

海外で引退しようとする場合、いずれかの国に魅力を感じるなら、行く前にじっくり研究してください。 決定の際に考慮すべき点は沢山ありますが、少なくとも財務計画はしっかり行なわなければいけません。移住を決めたら、投資や収入の管理や、銀行の要件を管理するための効果の高いソリューションなど、専門的なアドバイスを受けるのがお薦めです。移住する国の適切な医療保険を確認し、年間の可処分所得の計算は、年間費用を考慮してください。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事