分析:東南アジアはまだ外国人労働者にとって安全か?

標準

需要の変化というのは、現他のスキルより特種なスキルが価値があることを意味し、依然として外国人労働を必要としています。

東南アジアの経済の大部分では、伝統的に外国人に依存してきましたが、今も減少しているとは思えません。しかし、需要の変化があり、時間の経過とともにさらに深刻化する可能性があります。しかし需要の変化で、さらに深刻化していく
可能性があります。

例えば、シンガポールは他の国々よりもはるかに経済発展しているにもかかわらず、依然として駐在員に依存しているのです。

2016年末では、国内ヘルパーと建設労働者を除き、79万人の外国人労働力がいました。

マイケル・ページ・シンガポールのディレクターである、ニレ・カーンウェル氏は、過去殆どの外国人が金融関係に雇用されていたのに対し、この傾向は銀行部門が縮小し、マレーシア、中国、フィリピンを含む他の地域に焦点を移した事による、と述べています。

「金融技術から再生可能エネルギー、ライフサイエンスまでの分野における技術や研究開発の需要が高まる」と。 又「中高生向けの需要から上級レベルへの移行もあり、上級者の需要は常に過去の需要に依存している」と付け加えました。

シンガポールの外国人留学生の為のヒントは、「インターナショナルスクールにある」とカーンウェル氏は言います。外国人生徒達が遊んでいた過去の世代から、今は地元の才能をもってニッチな技術スキルを学ぼうとする外国人生徒が増えているのです。

「他に目にする変化は、より多くの外国人が現地契約を締結していることだ」と氏は付け加えました。 「これは、シンガポールの所得税率が西洋よりも大幅に低く、18%対約50%であることに起因する」とも語っています。

中国からの生産ラインの恩恵を受けているベトナムでは、労働コストと土地コストが急激に上昇する中、どの部門でもエンジニアと管理者が不足しています。

監視者は、「現地のエンジニアは最新技術から遅れをとり、管理者はソフトスキルが弱く、国際法や財務に関する重要な知識がない」と述べています。

ベトナムの労働力の発展に伴い、技術や銀行業などの産業で熟練した人材を雇用するのが困難になっています。

ハノイに本拠を置くErasmo Indolino氏は、Dezan Shira&Associatesの国際ビジネスアドバイザリーチームの幹部で、「ベトナムが外国投資のより競争力のある国となるかどうかは、人事管理の能力と密接に関連する」と述べています。

又、「これを反映し、ベトナム政府と提携する多くの国際企業が労働力訓練プログラムを後援している。それは、ベトナム人に海外で専門知識を習得してもらい、その後ベトナムで生かせるようにする」と。

更に、「Dezan Shira&Associatesの外国人顧客は、多くの場合、外国人労働者を使用する理由を当局が正当化するよう、頼まれることが多い。しかし現地の労働者が持っていない特定のスキルが無い限り、労働許可証を発行しない」と氏は述べ、「しかしながら、外国人顧客を持つ事は、外国人労働者を雇用するための貴重な理由は主にコミュニケーションで左右する 」と説明しています。

マキシム・リクルートメント(香港、アジア、中東)の調査専門家であるRichard Poulter氏によると、5〜6年の建設ブームが下火になり、外国人エンジニアの需要は減っているようです。

このブームは、主に5つの主要プロジェクトが展開される、香港鉄道の拡張に関連していました。

香港の外国人労働者の正式なデータは、ホワイトカラーの専門家とエンジニア、そして家庭のヘルパーを分けることができない為、はっきりしません。

「プロジェクトが終了すると、市場は再びローカライズされ、エンジニアリングの外国人は、新たな役割を見つけるのが困難になる。もう一つの要因は、国際的な人材を追い出し、価格の入札を多く獲得している中国企業の流入である」ポールター氏は述べています。

氏によると、外国人は通常、5、6年の契約で香港に来ますが、契約が終了した後も滞在する人が多くいます。 これは、香港が一定の基準で7年間、所得税を納めている人に永住権を与えるので、より簡単に永住権が手に入り、企業の参入も実現しやすくなるのです。

バリ島やオーストラリアのように、魅力的な東南アジアで短期間の休暇を過ごすだけでなく、多くの外国人がここに住むようになってきています。

「香港は住居は非常に高く、3ベッドルームの高層アパートに、イギリスの庭やガレージ付き一軒家と同じくらいの額を支払っている」とポールター氏は付け加えています。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事