東南アジアで3番目に優れた生活を送る

標準

BANDAR Seri Begawanは、人材コンサルティング会社Mercerの20回目のQuality of Living調査によれば、東南アジアで3番目に高い生活水準となっています。

ブルネイ首都は、ランキングのアジア太平洋地域で23位、世界で106位となっており、世界中のどんな都市が良い生活水準なのかが分かります。

バンダ・セリ・ベガワンは104位で、去年と比較して2ノッチを失っています。

ランキングは各都市の調査に基づいており、政治的、経済的、環境的な変化を反映して改訂されています。

この調査では、生活条件が10のカテゴリーに分類された39の要因に沿って分析されています。政治的社会的環境、経済環境、社会文化的環境、医療と健康に関する考慮事項、学校と教育、公共サービスと交通、レクリエーション、消費財、住宅、自然環境の10カテゴリです。

シンガポールは25のアジア都市の中で、生活において最高水準の地位を維持しています。クアラルンプールは第2位で、世界では第85位になりました。

昨年の9月から11月までに分析されたデータを使用し、年間ランキングでは231の都市を追跡しました。

アジア、中東、アフリカ、トルコの、マーサーズ・グローバルモビリティプラクティスリーダーであるMario Ferraro氏は、次のように述べています。「最も住みやすい都市は、多国籍企業の経営幹部を引き付ける」と。

マーサーによると、Brexitの不確実性と政治的不安定性のために、ヨーロッパ経済の不安定さにもかかわらず、多くの都市は依然として最高品質の生活を提供しているようです。

インフラ、レクリエーション施設、住宅に何十年も投資して、才能や多国籍企業を惹きつけています。新興市場の都市は経済的、政治的混乱に苦しんでいるものの、トップランクの都市に追いついています。

ウィーンは9年連続トップで、チューリッヒ、オークランド、ミュンヘンが3位にランクされています。

バンクーバーはトップ5を達成し、北米で最も高い都市であり、シンガポール(25)とモンテビデオ(77)は、それぞれアジアとラテンアメリカで最も高い都市となっています。

マーサー・キャリア・ビジネスのシニア・パートナーおよび社長であるイリヤ・ボニック氏は、次のように述べています。「グローバル化の進展と人口の変化に伴い、良い人材を引き付け維持することは、今後5年間の企業にとって重要な課題の1つです」

「ますます多様化する従業員は、職業、ライフスタイル、最終的にどのように働きたいのかという点で、多様化する要件と志望を持つ、よりモバイル性とデジタル性の両方です」

「企業はこれらの要因を、地元の従業員と外国籍の従業員の両方にとって、価値観として考慮するべきです」

マーサーの調査は、世界で最も包括的な調査の1つであり、多国籍企業や他の組織の従業員を公正に補償できるようにと、毎年実施されています。

調査は、生活水準の貴重なデータに加え、世界の450以上の都市に対する厳しいプレミアム推奨を提供しています。 今年のランキングでは、231の都市が含まれています。

今年、マーサーは都市の廃棄物と汚水のインフラ、感染症の水準、大気汚染、水の質を分析し、都市浄化に関する別のランキングを提供しました。

ホノルルでは都市衛生ランキングが上位を占めており、ヘルシンキとオタワが2位、ダッカ(230)とポート・オウ・プリンス(231)が最下位を占めています。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?