東南アジアの電力パラドックス

標準

知るべき事:
電力の輸出:東南アジアの数国は、電力を国民へ供給する前に輸出をしているのです。

これは、電力不足を解決するためのパラドックスの核心と言えます。電気グリッドが不十分な貧困国は、天然資源をどうするべきかを決める際、輸出によるキャッシュフローを優先させがちです。

2009年、ミャンマー民主化のヒントの1つに、Thein Sein大統領が挙げた、中国のMyitsoneダムプロジェクトは「人民の意志」である、という事がありました。

この計画は、Ayayarwady(Irrawaddy)川の長さを短くし、支流を中国がダムにすることでした。ミャンマーは、電力の10%を自国へ残し、90%を中国に与え、オプションで別の20%を購入する、というものです。

北ミャンマーは東南アジアの中でも最悪の電気構造で、その地から主に中国へ電力を供給しているため、組合政府がプロジェクトを正当化するには、あまりにも住民の憤慨が大きかったのです。

当時のダムプロジェクトは大きな論争を招いたものの、今年は二国間の一連の交渉で再検討されます。両国ともに、この多額なプロジェクトの解決策が得られることを熱望しています。

ミャンマーのHtin Kyaw大統領は、中国で、ある小規模な譲歩と引き換えにダムが廃絶されたという噂が起きた事で、協議するため中国に向かいました。しかし国は依然として電力が乏しく、2014年には40%に満たない人々が電気を使用している状態でした。財政赤字が拡大するにつれ、安定した収入の見通しが政府に引き付けられています。

ラオスモデル

近隣のラオスは、あたかもミャンマーと同じ道を辿っているようです。ASEAN諸国と益々結びつき、水力発電による電気の輸出を、国境を接した国々やマレーシアやシンガポールへも行なっています。

水力発電は国の象徴となっており、事実、3種類の紙幣には水力発電のダムが印刷されています。

向こう数十年は、電気で国の輸出の70%を占めると予想し、政府は自己記述で「東南アジアの電池」である頁岩(けつがん)ガス生産に移っています。

電気は政府を浮き足立たせ、電気で外部債務の一部を返済し始めているのです。

しかし当のラオス国内への電気は十分ではなく、輸出先の国からみると遅れており、世帯の20%以上がグリッドに接続されていないのが現状です。

これはまさに電力不足を解決しようとする国々のパラドックスです。

電力不足で貧しい国々は、自然の資源をどうするか決める前に、どうしてもキャッシュフローを優先して考えがちです。

ラオス、カンボジア、ミャンマーは最終的に追いつく計画ですが、高価な水力発電から、しばしば争いが起こる安価な石炭や石油発電へと移っていくようです。

化石

マレーシア、タイ、ベトナムは、国民への電気化は殆ど達成していますが、水力発電にこだわっているわけではありません。30年間でタイの電化率は10%から99%へ、ベトナムは2.5%から96%へ上がりました。

この3国には異なる観念があり、石油、石炭、電力の輸入を中心としたエネルギー計画もあるのです。東南アジア本土は適度な化石燃料の供給もしています。しかし、これらの産業は既に予想以上に腐敗の一途を辿っています。

ミャンマーとカンボジアは、独自の新しい石炭工場に関心を向けています。ミャンマー南部にあるDowei市は特別経済区で、石炭発電所を地元産業への提供目的として長期にわたる話し合いが持たれています。

この石炭発電所は、ミャンマーの投資家の苦情にも対処できるはずです。彼らは低賃金や環境法についてしばしば無視しますが、頻繁な停電による工場の機能停止問題があります。ミャンマーの資金補充にキャッシュと雇用は役立つものの、川に関係なく村々に電気を引くのには時間がかかりすぎるのです。

アジアで外国人が退職後の生活をするのに最適な場所

標準

退職は、まったく新しい人生の始まりを告げるすばらしい時です。実際に多くの退職を迎える人々の間で、退職後には別の国に移住するという人は増え、それは辺境から主流へと移行しました。

実現するには、冒険と異文化の体験欲だけではなく、新しい巣作りが必要になります。それをすれば、アジアは目的地として間違ってはいません。あなたの年金は、(東南)アジアの多くの地域で、夢を実現させるのに十分でしょう。そしてまた、多くの退職者が探している(あなたの選択に応じて)、素晴らしい気候、手頃な価格と高品質の医療、近代的なインフラストラクチャー、歴史と文化があります。

海外での生活は全部が楽しいわけではなく、欠点もあります。アジアには他の場所と同様に欠点があります。文化の違いは大きな魅力ではありますが、日々の暮らしで欲求不満を引き起こすこともあるのです。日常生活の一部として、アジアの大都市(こんにちは、バンコク、マニラ!)の理解不能な官僚制度、言語の壁、交通混雑を覚悟してください。酷い犯罪は稀で、西部の殆どの都市よりも統計的には安全ですが、スリなどの小規模な犯罪はあるので気をつけなければいけません。事実として受け入れがたいような極度の貧困生活の人もいます。

東南アジアで人生を確立するには、滑らかで少し大ざっぱになる方が良いです。

長所と短所を慎重に検討したうえで、やはり移住に魅力を感じるなら、インターナショナル・リビングの2017年度グローバル・リタイヤメント・インデックスが、東南アジアにおける5つの最良な地域を提供してくれます。

1.マレーシア

ビザに関する法律:マレーシアは、2006年に開始されたマレーシア第2の家庭(MM2H)プログラムで、外国人へ積極的な裁判を求めています。東南アジアでユニークな10年間のビザというのがあり、これは複数の出入国が可能です。
退職者のための最良の選択肢であり、21歳未満の子供も許可されているので家族にも良いのです。申請者は、月額でMYR10,000(約2,300米ドル)の収入を証明するとともに、流動資産がを50,000以上(50歳以上)であることを証明しなければなりません。さらに、マレーシアの銀行口座に固定入金を1年で300,000リンギット(RM300,000)で入金する必要があります。このうち2年で最大50%が家の購入や健康保険に使用されます。このビザで永住権は得られませんが、マレーシアで引退したいと考える殆どの外国人と同じくらい良いです。

ハイライト:指標で調査された24カ国のうち、ヘルスケアでトップの会社100社中97社はマレーシアです。ですからヘルスケアに不安を抱える人々には最適な国と言えます。おそらく地元で英語を話す人数が多く、外国人の人口、エンターテイメント、アメニティ、健康的なライフスタイルが高いことで、90年代から人気が出てきました。マレーシアは、インド、中国、ポルトガルの影響が非常に強く、建築、文化、食糧のすべてに、それが明らかです。例えば、クアラルンプールは、とてもモダンな都市ですが、ペナンやメラカのジョージタウンなどの第二層都市は、ヘルス施設などにアクセスし、リラックスしたライフスタイルを望む人に合います。食べ物は、ペナンは定期的に世界最高チャートに載ります。マレーシアでは、どこでも驚くほど多くの料理をお買い得価格で食べることができます。ダウンサイドは、非常に暑くなる気候なので難しいですが、常にエアコンがあります!

2.タイ

ビザの法律:50歳以上の外国人は、前年に導入された新しいタイの退職ビザを申請できるようになり、多くの退職者が「微笑みの国」の生活をしたいと考えています。申請するには、少なくとも10万バーツ(約US $ 3000)の月収または300万タイバーツ(約9万ドル)が銀行預金にある事を証明しなければなりません。ビザは5年間、10,000タイバーツ(約US $ 300)の費用で付与されます。その後、さらに5年間の更新が可能です。

ハイライト:タイでは退屈などありません。エンターテイメントのオプションとアメニティの数は、インデックス評価にも現れています。この国には食べ物やスリルや文化の探求者でも、ビーチバムでも、楽しめるものが沢山あります!また、健康管理、フィッティング、生活費の高い評価を得ています。又、ヘルスケア、フィッティング、生活費でも高い評価を得ており、微笑みの国と呼ばれるに値します。地元の人々は信じられないほどフレンドリーで歓迎してくれます。外国人は家庭での助けと母国のような医療の質を得ることもできます。 一言で言えば、タイでの外国人の生活はストレスが少なく、楽しさが多いのです。

3.カンボジア

ビザの法律:カンボジアのビザ・プログラムは、多くのウェブサイトやフォーラムでも指摘されるように、規制の執行が不十分で、世界で最ものんびりした国と考えられています。長期ビザを取得し更新するのは簡単で、退職者はカテゴリーERビザが必要です。これは今年初めに導入されましたが、オンラインでの情報は殆どありません。 外国人の退職者は、年金の収入証明書や母国への投資証明書を提出することによって、財政の安定性を公式に証明する必要があります。外国人が依然としてカンボジアに土地を所有することを禁じていることは、注目に値します。

ハイライト:インターナショナル・リビング・インデックスによれば、カンボジアは調査対象国すべての中で、最低生活費を99点に格づけされています。しかし、居心地の悪い安価な場所で、首都外にある家具付きでエアコン完備のアパート賃貸料は、月額200ドルほどです。この国全てが美しいと言えるわけでもなく、結局のところ、「ワンダー・オブ・ワンダー」なのです。興味深く、時には荒れ狂う歴史、美しいビーチや景色、アンコールワットのような文化的宝石、親しみやすい地元の人々、そして一年中の暖かさ等、不思議な魅力があります。プノンペンやシエム・リープの国際都市を選んだり、少し静かな場所を選んだりしても、殆どの外国人は、カンボジアの生活がとても楽だということに同意します。ネガティブな面は、多くの地方自治体が抱えている貧困、輸送インフラの弱さ、道路の安全性が非常に低い、他のアジア諸国に比べ遅れた医療システムなどがあります。

4.フィリピン

ビザの法律:特別居住者の退職者ビザ(SRRV)は、フィリピンで就職しようとする外国人のためのビザです。それは出入国に制限のなく、Smileバージョンは35歳以上なら誰でも利用できます。政府の公式ウェブサイトに様々なカテゴリの情報が載っています。

ハイライト:馴染みやすい国として、そのカテゴリでは95/100のスコアです。7,000以上の熱帯諸島には美しいビーチ、バギオやタガイタイの山腹の涼しい気候、あるいはセブシティのような都会的な場所に住むこともできます。どこでも人々は温かく歓迎してくれるでしょう。列島の英語が公用語なので、コミュニケーションは難しい問題ではありません。生活費はタイと同等で、大都市の医療施設は海外にも匹敵しますが、農村部では不足している所もあります。又、いくつかのインフラストラクチャの問題で苦労しているので、一部の地域で停電、水不足、道路の悪化、通信問題が生ずる可能性があります。強盗、薬物、テロリストが問題となっている地域では、安全が懸念されます。

5.ベトナム

ビザの法律:現在のベトナムには退職ビザ制度はありません。 外国人退職者は、3ヶ月単位、または複数の入国ビザを申請し何度も更新します。延長申請をすることはできますが、長期滞在の許可がもらえるとは限りません。これがベトナムへの移住の最大の障壁になるでしょう。

ハイライト:ベトナムがグローバル・リタイヤメント・インデックスに掲載されている24カ国で最下位なのは驚きです。生計費で91ランクとなっていますが、他のスコアは、60年代と70年代が影響して低いです。

すでに退職後を楽しんでいる人たちは、東南アジアで急速に経済成長した国の生活の質には失望していません。確かにretireinasia.comは、ここを「生きがいと開放のアジアの輝く星のひとつ」と表現しています。歴史と近代がここで結ばれているので、開発の遅れた地で苦労なしに、ベトナム特有の伝統と文化を楽しむことができます。パー・ヘルスケアや不足したインフラストラクチャーに我慢する必要はありません。どこへ行くにもフレンドリーな地域を見つけることができるし、景色は壮観で多様です。ベトナムの優れた交通機関は、魅惑的な大陸を探検する大きな基盤になっています。

海外で引退しようとする場合、いずれかの国に魅力を感じるなら、行く前にじっくり研究してください。 決定の際に考慮すべき点は沢山ありますが、少なくとも財務計画はしっかり行なわなければいけません。移住を決めたら、投資や収入の管理や、銀行の要件を管理するための効果の高いソリューションなど、専門的なアドバイスを受けるのがお薦めです。移住する国の適切な医療保険を確認し、年間の可処分所得の計算は、年間費用を考慮してください。

外国人は東南アジアで、どのように仕事をしますか?

標準

現在の世界経済は厳しい状況にある中、東南アジアの雇用市場へ多くの求職者が集まります。しかしこの地域のユニークな雇用市場に、どう参入すべきかを知る人は極わずかです。ガイドを手渡すため、マレーシアとタイのグラスフォード・インターナショナル・パートナーズの2人が、その重要なステップのリストを遵守しました。東南アジアで新たなキャリアを求めている人や、在留を希望する外国人の方々には、私たちのアドバイスが役立ちます。休暇中に素敵な恋ができることも願っています。

東南アジアの地図

多国籍企業で働く場合の最善の選択肢は、地域内に「拠点間移転」を申請することです。多くの企業は社内の応募者(海外からも含む)を検討し、組織外に出すことを検討します。これらは、移転時に適応するのが一番簡単で、海外に転記された人の給与が「均等」または増額されることが多々あります。会社の人事部へ行く前に、転送の意図をラインマネージャーに知らせてください。

海外ネットワーク

国際移転のチャンスがない場合は、その地域で自分の意思で時間を活用することができます。母国の商工会議所や、地もとの異文化グループ等の国際団体にコンタクトする事から始めるのが最適です。 LinkedInは、グラスフォード・インターナショナルのようなグローバル企業経営者などをターゲットにしている従業員を見つけるのにもお勧めです。あなたの野心と経験を地域に持ち込み、あなたの熱心を伝えてください。

行動する

その国にまだ移住していないあなたの能力を、リクルーターに分かってもらう為に、実際に会うこと無くメールだけというのは、非常に難しい話です。採用マネージャーは重大なリスクを負う事になり、採用を決定する前には直接会いたいと考えます。あなたのように外国からメールで申し込む候補者は何千人もいるので、仕事を獲得するチャンスは大幅に減ってしまいます。ですから十分な時間をかけて旅行を計画し、面接する計画を立てることです。それにはお金も時間も必要です。これはあなた自身とご家族に、国や地域を調査する良い機会を提供します。

履歴と期待を調整する

地元の電話番号などを含め、あなたの言語能力を重視する事が不可欠で、これは移転する時の大事なステップとなります。その国の給与水準をチェックし、期待を合理的なレベルへと調整して下さい。給与に関するアドバイスが必要な場合は、人材採用コンサルタントに連絡する事が良い情報源となります。無料の経済データやレポートが沢山あるので、調査する時間をとって下さい。

準備する

移動のシュミレーションは非常に大事です。これには、生活費、住宅、地方税制、就労許可、ビザの手続きなどに関する研究が含まれます。「地元の条件」で雇用される事は、地元の国家と同じ条件に義務付けらることを意味します。もし特殊なスキルや強いネットワークがあるなら、あなたは本格的な外国籍のパッケージとしてレーダーに乗るかもしれません。これはあまり一般的ではなくなり、選ばれた少数の人に適用可能です。

駐在契約期間が満了した後(通常は3年)、国に留まることを望む外国人は、時には現地の条件に切り替えるプロセスで、苦痛を感じる事もあります。それはポケットの中で感じるでしょう。

移転に向けて十分な情報と節約が重要であり、それ以上に、期待が現実的であるかを、もう一度確認してください。母国での就職に苦労したなら、新しい国でそれが簡単になるとは思えません。外国人であれば、地元の人が持っていないスキルがあれば、考慮されます。そして採用された後は、倍の努力をしなければ、それを分かってもらえないでしょう。外国人を雇う側もリスクを背負っているわけですから、懸命に働く心積もりでいてください。又、“群衆の中で目立つ”事も重要です。

 

各国語を学ぶ

 

東南アジア諸国では、英語ができることで逃げ道はできますが、現地語でのコミュニケーション能力が、仕事を探す際には断然有利となります。それに滞在をもっと楽しむことができます。

火の中の多くの棒

職探しは、広角レンズを通して狩りするようなものと想像してください。散弾銃のようなアプローチはしないほうが良いです。ですが複数の道を使って目的地に到達してください。エグゼクティブサーチ会社にコンタクトするだけでは十分ではないかもしれません。サーチ会社は顧客からの依頼に対して取り組むことを、常に忘れないでください。クライアントは才能を求める企業であり、候補者は“プロダクト”です。時間がかかることがあります。すべての仕事のチャンスがサーチ会社を通っているわけではありません。才能を見つけるために会社は複数の手段をとるので、積極的かつ機知に富んでいることが大事です。プリントとオンラインメディアを継続的にレビューしましょう。最も重要なのは、仕事をしたいと思う会社に直接関わることです。

柔軟に

もしあなたが、まだフレキシブルになっていないのなら、移住について2回考えてみてください。東南アジア諸国の大半は新興市場です。エキサイティングな場所ではありますが、母国と同じなわけではありません。現地企業は多国籍企業とはかなり違うため、外国人にとってはカルチャーショックを受ける覚悟をしてください。作業環境も異なります。彼らをそのまま受け入れるつもりでいて下さい。最終的にあなたが彼らを変えるよりも、彼らがあなたを変えるでしょう。あなたが外国にいるときは、異なる文化や伝統を尊重する必要があります。あなたがしなければ、人生は生きる悪夢になるでしょう。一日の終わりに、新しい体験をしたいと思っています。外国にいるときは、そこの文化や伝統を尊重する必要があります。それができなければ、悪夢の人生となるかもしれません。一日の終わりには、新しい経験ができたと思えるように。

思慮深く

国外追放は珍しいことではなく、原因はしばしば配偶者や子供が新しい環境に適応しないことにあります。異国への移住は家族すべてに影響を与えるので、慎重に検討してください。新しい経験を積みたいのは、あなただけでなく家族も同様です。家族が幸せでなければ、間違いなくあなたの仕事に影響を及ぼすでしょう。

東南アジア諸国では、西洋風の住宅と教育はプレミアムで見つけるのが難しい場合もあります。あなたの契約に住宅と教育の手当が入っていない場合は、決定する前に慎重に検討してください。

1つの地域、多くの相違

東南アジア内の相違は驚くほどあります。よくラオスよりもシンガポールに居住する方がはるかに簡単だと言われています。シンガポールや香港では、より多くのキャリアチャンスがあります。実際この2つの国への移住は、他の多くの東南アジアの国と比べると少ない調整で済むので、外国人のための素晴らしいエントリーポイントになる可能性があるのです。

東南アジアの多くの国では労働許可が制限されているため、HRは絶対に必要な場合を除き、煩わしさを無くしたいのです。伝統的にシンガポールと香港は外国人を受け入れるためにオープンで、所得水準も西洋並みです(生活費もそうです)。

絶えず変化する風景

外国人は殆どが西から来ていましたが、最近では、はるかにオープンで競争の激しい景観となっています。東南アジアでは、インドの駐在員が増え、外国人の需要が高まっています。彼らは移住先の文化と言語をよく学んでいます。アジアの出国者は、地方の条件で働く準備ができているので、雇用コストを削減しています。あなたが仕事を遂行できて、地域に適応するならば、仕事をつかむ可能性があります。パスポートのエンブレムはさほど重要ではありません。価値のある取引には決定を下して下さい。

法的に

一部の企業では、就労許可証なしで働くことを提案する場合があります。 しかし、これは避けてください。 あなたが自国の法律を守っていれば、別の国に行く必要はなく、移民法や税法を嫌うはないでしょう。

大事な事をひとつ言い残した、落ち着け

もし早々に結果を期待しているなら、自分自身を失望へ設定しています。新たなキャリアを求めるには時間がかかるものですが、それが外国でなら、なおさらの事です。休日の国は貿易よりも全く違う事を覚えておいて下さい。あなたは5つ星のリゾートに居住していない可能性がありので、長期滞在する場合は、文化的相違や就労基準に適応しなければいけません。 それは豊かな経験であり、カルチャーショックを楽しむ事にもなります。

私たちのアドバイスが助けになることを願っています。