東南アジアで働く外国人に必要な事

標準

2011年にはロンドンからマレーシアへ、そして2013年にはインドネシアに移りましたが、SEAや新興市場にはいつも愛情を感じます。人も素晴らしく、興味深い食べ物、成長モードの企業、そして異文化の全てが生きる為の素敵な場所となっています。しかしこの地の外国人として葛藤がないわけではありません!私はインドネシアとマレーシアで、チームを組んでマイケル・ペイジを立ち上げました。そこで学んだ事をご紹介します。

私のアドバイスは採用の観点からのものですが、一般的にビジネスや業界に適用されるテーマもあります。

イエスは時々ノーであり、ノーは時々イエスになる

誇り高きヨークシャーの男(あなたはもう、それをアクセントで聞くことはできませんが、確かに心に残っています!)私はオープンで正直で透明である事に誇りを持っています。時折これは誤解されてしまいますが、人々は一般的に明快さを好みます。私の学習での最大のつまづきは、人が非常に丁重にノーと言うことで、かえって相手を憤慨させることもあるように、常にその場がクリアなわけではないことです。フォローアップのない肯定的な会合に備えましょう。

オープンに疑問を投げかけ、常に明らかにしようとするのは止めたほうが良いです。あなたにとってどの部分が不確かなのですか?相手の反応はどうなると思いますか?誰がこの過程に関与しますか?あなたの提案が良いと思うかもしれませんが、どんな懸念が残りますか?

意思決定は特異なわけではない

西洋では個性の強さ(ジャック・ウェルチやスティーブ・ジョブズ等)によってビジネスパフォーマンスを向上させるタフな指導者は、迅速で決断力のある行動に賞賛されます。しかしチームベースの少々家族性の強い地域では、これは通りません。総意の構築、階層的尊重、「表情」から読みとる意思がやや複雑なので、しばしば長めのアプロー、キャリアの変更や移転などで多くの人が関わるため、この性質が顕著に表われます。念を押しますが、誰が重要なステークホルダーなのか、確認してーチが必要になるのです。したがって多数の人が頻繁に関与してくるので、物事を直ちに決定できると期待しないで下さい。ビジネスでは、家族や友人、元メンタください。

楽観主義が多い

正直に言いますが、この地域では楽観的になりましょう。雨よりも晴れが多いです。(たぶん、これを書いている今は違います!)素晴らしいビーチ、豊かな歴史と伝統、多様性、経済成長、豊かな資源があり、人々はいつも笑顔で歩いています。はい、インフレは高く、金利が高くなると住居のはしごは難しくなりますが、その中で高雇用は専門職が多く、安定した収入が見込めます。

裏を返すと、この楽観主義の結果、人々は草はもっと緑色になると信じるのです。しかし実はもっと良い仕事が近くにあるかもしれません。仕事を移る時には大幅な賃金アップに縛られがちですが(25%の増額も良いですが、35%をトライしてみませんか)、違う場所であなたが願っているような上司に出会えるはずです。

残念ながら、芝生は必ずしも緑ではありません。官僚的な意思決定のプロセスやマトリックス報告構造が好きでなければ、残念ながら、別のFMCGへ移ったところで劇的な変化はないでしょう。多国籍企業は、為替変動、最低賃金の上昇、不確実な世界経済から、コストのプレッシャーを感じています。彼らは20%以上の昇給はしたくないのです。現地の経済は成長しているものの、過去数年からの割合で見るとそれほどの成長ではありません。なのでコストについては、企業の最大の議題となっています。

したがって、スキルや学習、開発の機会を含め、候補者に大きなビジョンを持たせる事が大事です。我々は彼らに現実的な野心を持ってほしいのです。

総合的に、いくつかの提案

私はあなたと無数のものを分かち合う事ができます。私にとって素敵な事は、経験した殆どの事が肯定的だったという事です。人は大いに楽しみ、学習し、目標を持ち、生活要素を満喫する事ができます。南アジアの私にとって大事なのは、常に敬意を表し正直でありながら、最適なバランスを取ることです。礼儀正しくあるなら、成功できない理由はありません。

参加して下さい。外国人の同僚とランチに何時も同じ物を食べず、交流を深め楽しんで下さい。ビジネス上の利点を気にする以上に、その国をより理解し、心から楽しい時間を過ごす事ができます。

耳を傾けましょう。あなたが意思決定に必要な位置にいるのかもしれません。チームメンバや同僚の意見を聞いても、お金はかかりません(時間のみ)。しかしそこで何故あなたがその選択と取ったかを説明するなら、その利益は計り知れません。無駄だと、誰が言えますか?少なくともあなたは何かしら学ぶでしょう。

人を評価してはいけません。人々が理に適わない賃金アップを求めのは間違っていると思うかもしれませんが、あなたがその論理の一部でも理解しない限り、けして彼らを理解できないでしょう。(私はいくつかの会話が他のものより論理的だったと認めています)これはお金に関してだけでなく全てに適用されます!

比較しないで下さい。これはたぶん最も大事です!私たちは、アイデンティティ、遺産、文化に誇りを持っている国々で働いています。 あなたがその地域に住んでいる可能性があり、あなたの個人的な好みが何であるかにかかわらず、2つの異なる国を公的に比較することはできません。その地域に住んでいるなら、個人的な好みに関わらず、2つの国を公に比較することはできません。それは無礼であり、人々と上手くいくはずがありません。過去がどうだったという話に耳を傾けず、目の前のものを最大限に生かす為に成熟しなければいけません!

もっとも大切な事は、旅を楽しむ事です!目標に夢中になり、文化に浸る事で喜びを思えるなら、あなたは学び成長していけるでしょう。楽しんで下さい!

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

分析:東南アジアはまだ外国人労働者にとって安全か?

標準

需要の変化というのは、現他のスキルより特種なスキルが価値があることを意味し、依然として外国人労働を必要としています。

東南アジアの経済の大部分では、伝統的に外国人に依存してきましたが、今も減少しているとは思えません。しかし、需要の変化があり、時間の経過とともにさらに深刻化する可能性があります。しかし需要の変化で、さらに深刻化していく
可能性があります。

例えば、シンガポールは他の国々よりもはるかに経済発展しているにもかかわらず、依然として駐在員に依存しているのです。

2016年末では、国内ヘルパーと建設労働者を除き、79万人の外国人労働力がいました。

マイケル・ページ・シンガポールのディレクターである、ニレ・カーンウェル氏は、過去殆どの外国人が金融関係に雇用されていたのに対し、この傾向は銀行部門が縮小し、マレーシア、中国、フィリピンを含む他の地域に焦点を移した事による、と述べています。

「金融技術から再生可能エネルギー、ライフサイエンスまでの分野における技術や研究開発の需要が高まる」と。 又「中高生向けの需要から上級レベルへの移行もあり、上級者の需要は常に過去の需要に依存している」と付け加えました。

シンガポールの外国人留学生の為のヒントは、「インターナショナルスクールにある」とカーンウェル氏は言います。外国人生徒達が遊んでいた過去の世代から、今は地元の才能をもってニッチな技術スキルを学ぼうとする外国人生徒が増えているのです。

「他に目にする変化は、より多くの外国人が現地契約を締結していることだ」と氏は付け加えました。 「これは、シンガポールの所得税率が西洋よりも大幅に低く、18%対約50%であることに起因する」とも語っています。

中国からの生産ラインの恩恵を受けているベトナムでは、労働コストと土地コストが急激に上昇する中、どの部門でもエンジニアと管理者が不足しています。

監視者は、「現地のエンジニアは最新技術から遅れをとり、管理者はソフトスキルが弱く、国際法や財務に関する重要な知識がない」と述べています。

ベトナムの労働力の発展に伴い、技術や銀行業などの産業で熟練した人材を雇用するのが困難になっています。

ハノイに本拠を置くErasmo Indolino氏は、Dezan Shira&Associatesの国際ビジネスアドバイザリーチームの幹部で、「ベトナムが外国投資のより競争力のある国となるかどうかは、人事管理の能力と密接に関連する」と述べています。

又、「これを反映し、ベトナム政府と提携する多くの国際企業が労働力訓練プログラムを後援している。それは、ベトナム人に海外で専門知識を習得してもらい、その後ベトナムで生かせるようにする」と。

更に、「Dezan Shira&Associatesの外国人顧客は、多くの場合、外国人労働者を使用する理由を当局が正当化するよう、頼まれることが多い。しかし現地の労働者が持っていない特定のスキルが無い限り、労働許可証を発行しない」と氏は述べ、「しかしながら、外国人顧客を持つ事は、外国人労働者を雇用するための貴重な理由は主にコミュニケーションで左右する 」と説明しています。

マキシム・リクルートメント(香港、アジア、中東)の調査専門家であるRichard Poulter氏によると、5〜6年の建設ブームが下火になり、外国人エンジニアの需要は減っているようです。

このブームは、主に5つの主要プロジェクトが展開される、香港鉄道の拡張に関連していました。

香港の外国人労働者の正式なデータは、ホワイトカラーの専門家とエンジニア、そして家庭のヘルパーを分けることができない為、はっきりしません。

「プロジェクトが終了すると、市場は再びローカライズされ、エンジニアリングの外国人は、新たな役割を見つけるのが困難になる。もう一つの要因は、国際的な人材を追い出し、価格の入札を多く獲得している中国企業の流入である」ポールター氏は述べています。

氏によると、外国人は通常、5、6年の契約で香港に来ますが、契約が終了した後も滞在する人が多くいます。 これは、香港が一定の基準で7年間、所得税を納めている人に永住権を与えるので、より簡単に永住権が手に入り、企業の参入も実現しやすくなるのです。

バリ島やオーストラリアのように、魅力的な東南アジアで短期間の休暇を過ごすだけでなく、多くの外国人がここに住むようになってきています。

「香港は住居は非常に高く、3ベッドルームの高層アパートに、イギリスの庭やガレージ付き一軒家と同じくらいの額を支払っている」とポールター氏は付け加えています。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?

関連記事

東南アジアで3番目に優れた生活を送る

標準

BANDAR Seri Begawanは、人材コンサルティング会社Mercerの20回目のQuality of Living調査によれば、東南アジアで3番目に高い生活水準となっています。

ブルネイ首都は、ランキングのアジア太平洋地域で23位、世界で106位となっており、世界中のどんな都市が良い生活水準なのかが分かります。

バンダ・セリ・ベガワンは104位で、去年と比較して2ノッチを失っています。

ランキングは各都市の調査に基づいており、政治的、経済的、環境的な変化を反映して改訂されています。

この調査では、生活条件が10のカテゴリーに分類された39の要因に沿って分析されています。政治的社会的環境、経済環境、社会文化的環境、医療と健康に関する考慮事項、学校と教育、公共サービスと交通、レクリエーション、消費財、住宅、自然環境の10カテゴリです。

シンガポールは25のアジア都市の中で、生活において最高水準の地位を維持しています。クアラルンプールは第2位で、世界では第85位になりました。

昨年の9月から11月までに分析されたデータを使用し、年間ランキングでは231の都市を追跡しました。

アジア、中東、アフリカ、トルコの、マーサーズ・グローバルモビリティプラクティスリーダーであるMario Ferraro氏は、次のように述べています。「最も住みやすい都市は、多国籍企業の経営幹部を引き付ける」と。

マーサーによると、Brexitの不確実性と政治的不安定性のために、ヨーロッパ経済の不安定さにもかかわらず、多くの都市は依然として最高品質の生活を提供しているようです。

インフラ、レクリエーション施設、住宅に何十年も投資して、才能や多国籍企業を惹きつけています。新興市場の都市は経済的、政治的混乱に苦しんでいるものの、トップランクの都市に追いついています。

ウィーンは9年連続トップで、チューリッヒ、オークランド、ミュンヘンが3位にランクされています。

バンクーバーはトップ5を達成し、北米で最も高い都市であり、シンガポール(25)とモンテビデオ(77)は、それぞれアジアとラテンアメリカで最も高い都市となっています。

マーサー・キャリア・ビジネスのシニア・パートナーおよび社長であるイリヤ・ボニック氏は、次のように述べています。「グローバル化の進展と人口の変化に伴い、良い人材を引き付け維持することは、今後5年間の企業にとって重要な課題の1つです」

「ますます多様化する従業員は、職業、ライフスタイル、最終的にどのように働きたいのかという点で、多様化する要件と志望を持つ、よりモバイル性とデジタル性の両方です」

「企業はこれらの要因を、地元の従業員と外国籍の従業員の両方にとって、価値観として考慮するべきです」

マーサーの調査は、世界で最も包括的な調査の1つであり、多国籍企業や他の組織の従業員を公正に補償できるようにと、毎年実施されています。

調査は、生活水準の貴重なデータに加え、世界の450以上の都市に対する厳しいプレミアム推奨を提供しています。 今年のランキングでは、231の都市が含まれています。

今年、マーサーは都市の廃棄物と汚水のインフラ、感染症の水準、大気汚染、水の質を分析し、都市浄化に関する別のランキングを提供しました。

ホノルルでは都市衛生ランキングが上位を占めており、ヘルシンキとオタワが2位、ダッカ(230)とポート・オウ・プリンス(231)が最下位を占めています。

明石カモメです。明石は本名ですが、カモメは本名ではありません。なんでカモメとなっているかと言うと、私の人生がカモメのようだからです。私が日本を飛び出したのは冬が嫌いだったからです。冬のない国を目指して東南アジアにきて就職し長く経ちました。そして今は海の見えるアパートを借りて気ままに生活しています。カモメみたいでしょ?